良い習慣を積み重ねて、健康寿命を延ばしましょう。

悪い姿勢の絵ロコモティブシンドローム
運動器症候群
という概念はご存知でしょうか。

ロコモティブシンドローム(略称ロコモ)は、
2007年に日本整形外科学会が提唱した概念をあらわす言葉で、

運動器障害のために移動機能の低下をきたした状態を言います。

加齢に伴う筋量・筋肉の低下で「加齢性筋肉減少症」とも言います。


「健康寿命を延ばしたい。」
「いつまでも健康で歩きたい。」

誰もが願っていることと思います。

現在、「骨粗鬆症」「変形性関節症」などに悩まれている方々も、
すごく悪い生活習慣をしていたとか、
そういったことの結果でなったわけではなく、
普通の日常生活の積み重ねでなられたのではないでしょうか。

いつまでも20代の身体でいるのは不可能ですが、
少しでも元気に歩き続けたいという願いは、
良い生活習慣の積み重ねで、自分で限りなく可能にしていかれます。

————————————————————-

ロコモティブシンドロームに…
なっていたり、
なりかけていたり、
今のままでは将来的になることを

チェックするロコモ度テストというものが
https://locomo-joa.jp/check/test/
で、紹介されています。

このロコモ度テストというのは、
チェックして喜んで終わり、

チェックして悲しんで終わり、
ではなく、

出た結果を踏まえ、
紹介されている

  • では、どのような運動をしたら良いか。
  • では、どのような体操をしたら良いか。

を行い、今ある自分より少しでも
身体の機能をスムーズに使うためのものです。

  • 服の脱ぎ着はスムーズですか?
  • 靴下の脱ぎ履きは立って行えますか?


などというのはロコモという概念が生まれる前から、
運動チェックとしてあります。

私はチェック項目として

  • 靴の脱ぎ履きの時に、何気なくどこかにつかまっていませんか?
  • ベッドから起き上がる時に反動で起きていませんか?

というものも加えてほしいなと思います。

いずれも、
それぞれ安全に行うことが第一なので、
悪いことではありません。

でも、自覚する必要があります。
がっかりするためにではなく、
「ではどうするか?」
という行動に移すためにです。

紹介されている運動を習慣にして積み重ねて、
今の習慣の積み重ねとは違う未来を
自分で作って行かれたら良いと思いませんか?

丈夫な骨は栄養を摂るだけでは作られません。

『骨の形は姿勢で変わる。
 骨の質は運動で変わる。』
という法則があります。

良い姿勢で、適度に身体を動かすこと
の積み重ねが、丈夫な骨を作ります。

栄養を摂るだけではなく、
摂った栄養を使うような行動をすることで、
骨が丈夫になったり、
筋肉が血行良く弾力あるようになったりします。

健康教室テキスト

当院の健康教室では

身体って食べ物や行動から作られている
ということを勉強します。

コメントを残す

このページの先頭へ