病気が現れる、条件の重なり。

病気・薬

身体は本来自力で治るように出来ている。
という、
免疫医学研究会と肝臓がんについて触れたブログで
ちょこっと触れたのですが、

病気が発揮されるにも、
ある程度の条件が重なる必要があります。

ということについてお話しいたします。

免疫の強さというものにも、
リズムがあり、

  • 一年の中で、強い期間と弱い期間、
  • 一カ月の中で、強い期間と弱い期間、
  • 一週間の中で、強い日と弱い日、
  • 一日の中で、強い時間と弱い時間、

 があります。

 それらリズムの弱いが重なり、さらに、

  • 食事(カロリーではなく栄養素的に)が偏っていたり、
  • 睡眠時間が少なかったり、
  • 何かストレスがあったり、

が重なると、病気が現れやすくなります。

持っている自分という素材は変えられませんが、
この先の10年20年のために、

食事や睡眠時間、お散歩などの運動習慣をつけることで、
今の積み重ねの未来を、
新しい積み重ねの未来に変えていかれます。

コメントを残す

このページの先頭へ