【自分で創る未来】という鶴見のみつばカイロ院長伊藤勇さんの講演会に行ってきました。

昨日2015年2月11日(水)
日本カイロプラクティックドクター専門学院
机を並べて勉強していた
鶴見のみつばカイロプラクティック院
院長伊藤勇(いとういさみ)さんの講演会に
行ってきました。

伊藤勇講演会「自分で創る未来」20150211(真ん中が 伊藤勇さん)

以下、簡単に伊藤さんとのつながり、
昨日講演会に参加した感想をお話し致します。

【伊藤さんとのつながり】

卒業後はなかなかお会いする機会もなくいましたが、
整体院の成功は仲間内でも話題になっていました。

一度治療院見学に寄らせていただいたのですが、
約束もなく突然訪問してしまった私を
快く迎えてくださいました。
(ごめんなさい。そして、ありがとう。)

その後、
私が別の院で働いていたある日、
伊藤さんがその院に顔を出しました。

いい意味で子どもっぽさのあったあのようすがなく、
伊藤さんのようすが違うことが気になりました。

その院の院長に
「なんか伊藤さん身体の具合が悪そう。」
(あの伊藤さんをどう表現したら良いかわからないのですが、
顔色がものすごく悪かったけれど、身体のようすが
どうとかそういう感じとも違う感じでした。)と、話したら、

「伊藤君もいろいろあったから…。」
とのことでした。
院長もそれ以上語るでもないようすで、
私も本人に尋ねられないことをしつこく尋ねるのも嫌なのでそのままでした。

その後、誰から聞いたのか、どのように聞いたのかは忘れましたが、
伊藤さんがご両親と妹さんを一度に亡くされたらしい。
ということだけを知りました。

やっぱり直接お会いする機会はなかなかないまま、
2005年に私がオープンする時にお花を贈ってくださったり、
2011年、伊藤さんが3院目をオープンする前にご連絡くださったり、

ぽつぽつと繋がってはいました。

伊藤さんに何があったかはわからないまま、
それでもその頃には気になるようすは、
元気そうでした。

本を出版されていると教えてくれたので、
「私も読んでもいい?」と尋ねると。
「いいよ~。」
と、言ってくれました。

でもAmazonさんでも、本屋さんでも、
絶版で取り寄せられませんでした。

そして、今年になり、講演会をされるとのことで、
しかも、私が休みの祝日だったので、
すぐに参加申込みを致しました。

講演タイトル「自分で創る未来」

…未来を絶対に幸せにすると100%の決意と覚悟をしてからは
「人はいつからでも、どこからでも変われる」と実体験をする。
現在は過去を乗り越えた実体験をもとに、
過去にとらわれて自分自身の可能性にフタをし、
一歩踏み出せない方々へ、勇気と行動の源を伝える活動をしている。

というちらしをいただき院内に貼りました。

 

【伊藤さんの講演会の感想】

まずは伊藤さんに何があったかという話に始まりました。

伊藤さんに起こったことは、
衝撃的で、例えようもなくつらい話でした。

でも、伊藤さんが伝えたいのは、つらかったという話ではなく、

そこから…
どん底のどん底のどん底(←伊藤さんの表現)

からでも決意と覚悟でしあわせになれる。

というところだと感じ、
聴きにいってよかったと思いました。

いろんな書籍等で
「起きた事実は変えられなくても、受け取り方は自分次第。」
と、語られています。

伊藤さんはあのような状況から、
それを悟り実行されているので、
私自身、いろんな書籍で語られていたその言葉が、
本当に染みてきました。

これからも活動を続け、
誰にでも…大変かもしれないけれど…
しあわせな未来を創っていかれる
ということをたくさんの人に伝え続けるとのこと。

私も応援しています。

【伊藤さんの本】

会場で、絶版になっているあの本、
少数ある分を販売してくれるとのことで
(ホントに少数だったので一冊だけ)購入しました。

伊藤勇著書あの時をのりこえて

「あの時をのりこえて」文芸社

4年前に読むよりも、
本人の言葉で本人の語りで聴いた後に
読んで、私にとっては確かなタイミングでした。

何にでもタイミングというものもあるので、
みんながみんな同じように感じることなのか
わかりませんが、

もし、伊藤さんの講演を知り行ってみたいと
感じたら、その感覚に素直に参加されたら
その人のタイミングだと思います。

また、聴いた時、知った時にはわからなくても、
自分が生きていく中で感じていくこともあると
思うので、機会に恵まれたら、ご参加されたら
良いように思います。

講演会というと、怪しい物もあるので
一歩引いてしまう方もいらっしゃると思いますので
参加のチャンスがあるけど悩んでいる方がいらしたら、
私のこの感想がお役に立てたらと思います。

それから…
伊藤さんが自身のカイロプラクティック院を設立するのに、
なぜ”よつば”ではなく、”みつば”なのか、
ずっとわからずにおりました。
一般的には幸運の印は四葉のクローバーなので、
間違ってよつばだと思い込んでいた時期もありました。

でも今回本を拝読し、
なぜ”みつば”なのか、
あたたかい気持ちと決意がよくわかりました。

コメントを残す

このページの先頭へ