「テニスの練習をした後に腰が痛くなるのはどうしてですか?」というご質問をいただきました。

tennis0001

「以前、『痛くなるのは血液が来ていないから』
 と、教えてもらったけれど、

 テニスの練習をした後に腰が痛くなるのですが、

 なぜですか?

 筋肉が足りないからですか?」

今日はこのようなご質問をいただきました。

質問は二つ

  • 動いている(スポーツしている)のに痛みが出るのはなぜか?
  • 筋肉が足りないからか?


補足:
これだけでは、データが足りないので質問をしました。
練習の最初は痛くないけど、練習の最中から痛くなる。
とのことです。

まず一つ目のご質問
腰が痛くなるのはなぜか?
→無理な動きをさせているからです。

無理な動きとは?


以前、こちらのブログ
腰痛の起きやすい人のほとんどが腰の筋肉が弱いのではなく

でも話しましたが、
腰…腰椎部分の関節は捻るという動きは
あまりしません。

前後の動きが得意な部分です。

では、「捻る」という動作はどこでするのか?
というと、捻り動作は股関節が大きく担当します。

ですから、
テニスの捻るという動作をする時に、
股関節の動く範囲が足りないと、

捻る動きを得意としない腰に負担を出します。

繰り返し、行うその動作の一つ一つが腰に負担をかけて、
無理に動かされているために痛みが出ている
ことが考えられます。

これらの説明をしながら

股関節の動きを封じて、捻りの動作をしてもらったり、
模型の股関節と腰椎の部分を見てもらったりしました。

「思い当たります。
とのこと。

ですから、股関節の可動域を広くするような
ストレッチをすることを勧めました。

yogapose0001

もう一つのご質問
筋肉が足りないからですか?
→筋肉は足りているから股関節の可動域を
広くすることがいいと思います。

これは、個別に身体を見ないとわかりませんが、
この方は、既に筋トレをかなりされていて、
今は割れていないけど筋肉割れていたことがあります。
※私は見ていませんが多くの目撃情報があります。


股関節のはたらきが悪すぎると、
みなさんの大好きなインナーマッスルである
体幹腹筋が使いづらくなっています。
(鍛えづらくなっています)

はたらきが悪いまま筋トレをこれ以上するより、
まずはもう少し股関節の動きをつけると
いいと考えられます。

もちろんカイロプラクティックで
身体を動かす命令系統を働けるように出来ると
ベストです。

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ