もやもや血管と神経

長引く痛みの場所を顕微鏡で視るなどの観察して、共通に視られるものがあるそうです。

それは、「異常に増えた血管」とのこと。

ちなみに、人間の身体の基本ルールとして血管が増えれば、そこに添う神経も増えるとのこと。
※すみません知りませんでした。

そして、血管と一緒に増えた神経が痛みの原因とることも示されているそうです。

その名も「もやもや血管」。

もやもや血管は正常な状態では存在しないものなので、この血管が無くなることで痛みも改善するとのことです。

 

いろんなことが分かってくるなーと思います。

私が卒業後についた師匠が使うテクニックが、これに該当するのではないかと思います。

ただし、テクニックが生まれた段階…はわかりませんが、私が習った段階では、違う狙いで使っていました。

私が習った段階では、科学的根拠は推測に過ぎず、おそらく現在でも証明はされていないと思います。

狙いは違っても、することが同じなので、良い結果が生まれていたのだなと思います。

今までは、違う狙いでしたが、科学的根拠の示されているこの狙いをイメージすると、いい結果がもっと出てくると感じました。

 

後からいろんな科学的根拠が裏付けされてきていると感じます。

それを知る機会があることにいつも感謝しています。

そして、浮ついた意味ではなく、漠然としたイメージではなく、しっかり狙いをイメージすることで、使うテクニックの精度があがるといつも感じています。

 

これは、ハイドロリリース治療法についても、同じ狙いでイメージすることで自分のすることの精度が上がっていると感じています。

コメントを残す

このページの先頭へ