競技選手のけが予防とハイパフォーマンス

競技選手の怪我予防ハイパフォーマンスについて

basketball0002

怪我などを含む故障などの選手は、
どのような対策をされているのでしょうか?

怪我・故障の治療をすることは大切ですが、
攻撃こそ最大の防御と言われるように、

私は、怪我や不具合の治療をすることよりも
(※もちろん不具合を治療することも必要です)

ベストパフォーマンスのための施術を受けることが
結果、怪我や不具合の予防に大切だと考えています。

怪我をする前に始まっていること

人の身体が悪くなるには順番があります。

①代償期初期 一つの機能障害が始まる
②代償期   ①の機能障害を他がカバーし始める
③代償期   カバーしている場所だけでカバーできないため、多数の場所で機能障害が始まる
④非代償期  複数の機能障害を放置
⑤非代償期  ある時点または何かのきっかけから代償が出来なくなる
⑥非代償期  組織の損傷を食い止めようとして痛覚が刺激されて表れる

この六段階のうち、自覚が出てくるのはどこだと思いますか?

自覚が出るのは⑥番目です。

身体の感覚に繊細なアスリートは、⑤番目くらいで

「なんか調子でないな」
「本調子じゃないな」
「記録がおかしいな」

などと感じることが出来るかもしれません。

でも、目に見える故障…組織の障害がない状態で

  • 整骨院
  • 鍼灸院
  • 整体院
  • カイロプラクティック院

などを利用するという選択が出来ている人は
一握りではないかと感じます。

そして、長期に渡る不調や故障期間に入ってしまう方がいらっしゃいます。

トップになりたくて、一生懸命練習するのは大切ですが、
その練習が「力」ではなく「疲労」「消耗」になっていれば、
せっかくの練習がもったいないことではないでしょうか。

練習に手を抜いているわけではないのに、
身体の状態がベストじゃないために力につながらなければ、
やりたくて始めた競技もつらくなります。

身体すべて神経に支配されています

動かしたい場所がフルパワーで動く
場所の情報を脳が正しくキャッチする

ためには、神経がフルで働けている必要があります。

カイロプラクティック院を
怪我をしたから、痛いから

ではなく、

良い状態で臨めるための利用を心がけることが、
結局は怪我の予防や競技でのハイパフォーマンス
につながります。

怪我や故障をした選手を拝見することもありますが、
もっと前にみたかった…
もっと前からみたかった…
強くそう思います。

15年前のトップレベルの選手でも

ハイパフォーマンスのために
カイロプラクティック院をメンテナンスに
利用されていましたが、

最近の世の中全体の健康意識から考えると

まだまだ頻度が
足りなかったのではないか?
と思います。

補修力という機能

筋肉は微細に傷つけて成長しますが、
その傷の補修力は身体がベストな状態かどうか
というところによります。

補修力の機能はほっといても本来あります。
しかし、酷使している場合は補修力が甘いと
補修に間に合いません。

当院では

カイロプラクティックで、
骨盤(仙腸関節)・背骨の動きを良い状態にし、
神経が能力をフルに使えるようにします。

姿勢のアドバイスもしています。

*****

有名な話ですが、
陸上のウサイン・ボルト選手は
カイロプラクティックを受けられていました。

ボルト選手は側彎症(そくわんしょう)といって
背骨のカーブが側方にあり(ねじれを伴います)ます。
それでも、競技で最高のパフォーマンスを発揮できた
のはカイロプラクティックのお陰だとおっしゃっています。

トップの選手は不調のあるなしに関係なく
メンテナンスを大切にされています。

*****

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ