寝つきが悪い・眠りが浅い

寝つきが悪い・眠りが浅いについて


寝つき3
2002年にカイロプラクティックの学校を卒業し、
研修を重ね、整体院で働き続け、
肩こり、腰痛を始め、それら身体の状態が良くないせいで
よく眠れないという方々をみてきました。

また、特に眠りについてのご相談がなかった方でも、
「整体を受けるとぐっすり眠れる。」
とおっしゃる方が多いです。

身体にこりがあり、リラックス出来ないことで、
寝つきが悪い・眠りが浅いといったことに
なっています。

また、こりがあることで、
寝ている間もこりがある場所への血流が悪く
なっていますので、

「起きた時に疲れがとれていない。」
「眠りが浅い気がする。」
「なんとなく深く眠っていない気がする、」
という方もとても多いです。

身体が緊張したままでは寝にくい。

寝つきが悪い・眠りが浅い
身体がつっぱって緊張したままだと、
リラックス出来ない理由はふたつあります。

一つは身体の外側問題として、
つっぱっている状態が
構造的に寝にくいということ、

もう一つは身体の内側の状態として、
構造的に緊張状態が作られているために
交感神経優勢から副交感神経優勢の状態に
スイッチしづらくなっているということです。


眠る時、本来は、
活動的な交感神経優勢という状態から、
リラックスする副交感神経優勢に
スイッチしていきます。

構造的な問題だけではなく、
構造がもたらしいてる身体の反応としても
寝つきが悪い、眠りが浅いにつながっているのです。


リラックスできる身体づくり


カイロプラクティック整体では、
つっぱってしまっている状態を改善します。

動きの悪くなっている関節が動くように戻し、
緊張して硬くなっている筋肉をゆるめます。


一つ一つが大きく変化するわけではありませんが、
全体での変化となった時に、
とてもリラックスできるようになっています。

リラックスできるようになることで
よく眠れるようになります。

施術中から、仰向けがしやすくなったことを
感じられる方も多いです。


電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ