手や指の痛み

症状手指が痛い

2005年に十日市場でデイジー整体院をOPENし、
肩が痛いということに悩まれている方も
みて参りました。

手や指は、感覚の繊細な場所です。
不具合が脳に伝わり、
知らず知らずストレスになっていることがあります。

二点識別閾と言い、
同時に触れた二点を識別できる範囲というものがあります。

舌先で1mm、
唇で5mm、
手で7mmと言われています。

手先が器用なのは、この感覚があるからです。

そんな繊細な感覚を脳に伝える場所が
いつも痛いとかつらいなどがあれば、
それが脳に伝わっています。

手の不具合は早めにケアしましょう。


手の動きをつかさどる神経が首から始まっています。

手の動きをつかさどる神経が首から始まっています。

首の動きが悪いまま、
手だけをケアしても短期に痛みを繰り返します。

肩甲骨を含む肩腕の動きが影響していることも
視野に入れたケアを行います。


良いことをすると、それが伝わりやすいのも手です。

首からの問題や肩腕の問題も合わせ、
症状が手に出ている場合、

時間をかけて作ってきた状態であり、
首肩腕へ負担になるような事を日常的にされているので、

良い状態になるのに時間がかかったり、
定期的にケアをする必要があったりするかもしません。

それでも、
悪い感覚がストレスとして伝わりやすい場所であると同時に、
良い感覚が伝わりやすい場所でもあります。

ケアを受け、少しでも良い感覚を脳に送りましょう。


ヘバーデン結節

中年以降の女性に多い変形性関節症
ヘバーデン結節と呼ばれるボコッとした物が
第一関節の背面や側面に現れます。

変形自体は治せませんが、
変形に伴う痛みについては関節の操作をすることで軽減していきます。

変形が始まる前からのケア、
変形が始まっていれば痛みが始まる前のケア、
痛みが出始めていれば痛みを軽減させるケアを積極的に行えます。

ヘバーデン結節については別の予防・ケアコースを
行っておりますので、ご相談ください。

 

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ