肺気腫による背中の痛み

症状肺気腫で背中が痛い

2005年に十日市場でデイジー整体院をOPENし、
背中が痛い人、背中が張るという人をみてきました。

背中が痛い人、背中が張る人、
背中がつりそうという人…の中には、
肺気腫でその傾向が強くなったという方もいます。

肺気腫自体は治せません。

でも、
今残っているはたらきを最大限に活かすことで、
呼吸がしやすくなります。

呼吸がしやすくなると、
背中に出ている痛みが楽になりますし、
背中に痛みが出にくくもなります。

肺の病を背負っていることで、
背中の痛みに不安を覚えることもありますよね。

そして、肺気腫で浅くなった呼吸が
気持ちの不安につながることもあります。

特に病気のある方ではなくても、
呼吸というはたらきを最大限活かしている人はとても少ないです。

施術後に大きな呼吸をしてみると、
吐きやすかったり、吸いやすかったり、
呼吸が楽に変化しています。

肺気腫を主症状におみえになる方はいらっしゃいませんが、
肺気腫で重かった呼吸が楽になったという方はいらっしゃいます。

 

肋骨は呼吸に合せて動いています。

本来、深い呼吸が出来ていると、
肋骨も自然に動いていて、
背骨にも良い影響を与えています。

肺気腫の人の呼吸は、
肺気腫ではなかった頃に比べて浅くなっています。

咳き込む、咳払いをするなどの繰り返しが、
背中や身体の前側など、身体を硬くしています。

背中が痛くなったり、張ったり、つりそうになったりは、
その硬さから来ています。

当院ブログ
フッと斜め上の時計を見た瞬間、そのまま背中がピキッとなり、息をするのも痛くなってしまいました。
参照

 

肺気腫の人は、特に呼吸に絡む場所の動きを良くします。

少しでも肋骨が動くように施術をすることで、
呼吸が楽になり、
呼吸が楽になることで背中のつらさが出にくくなります。

さらに、楽な状態が少しでも維持できるように、
テーピングによるサポートをすることもあります。
(動きをサポートするためであり、固定系テーピングではありません。)

施術後は、
日常生活で、良い深呼吸をする時間を作るなど、
心がけることも大切です。

テーピングテープ

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ