喘息による背中の痛み

症状喘息で背中が痛い

2005年に十日市場でデイジー整体院をOPENし、
背中が痛い人、背中が張るという人を
みてきました。

背中が痛い人、背中が張る人、
背中がつりそうという人…の中には、
喘息ですという方も多いです。

つらい喘息自体が呼吸を浅くすることもありますし、
喘息がストレスになり、
そのせいで呼吸が浅くなっていることもあります。

呼吸が浅くなり、
浅くなった呼吸が
気持ちの不安につながることもあります。


肋骨は呼吸に合せて動いています。

本来、深い呼吸が出来ていると、
肋骨が動いて、
背骨にも良い影響を与えます。

喘息で咳き込むなどを繰り返すことや、
咳き込みを抑えようとすることで、
身体を瞬間的に緊張させるということを繰り返していませんか?

身体が硬くなっていることで、
呼吸の時に膨らむ肋骨に絡んだ筋肉筋膜関節が、
最大限に働けていません。

最大限に動けていないことが、
背中の痛み、張り、つりやすい
ということに繋がっています。


呼吸に絡む場所の動きを良くします。

少しでも呼吸で肋骨が動くように施術をすることで、
呼吸が楽になり、
呼吸が楽になることで背中のつらさが出にくくなります。

さらに、楽な状態が少しでも維持できるように、
テーピングによるサポートをすることもあります。
(動きをサポートするためであり、固定系テーピングではありません。)

 

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ