健康状態の底上げ

そもそも予防が得意な療法

チームワーク

 

2002年に学校を卒業し研修を重ね、
整体院で働き続け、
いろんな症状に悩む患者さんをたくさんみてきました。

私が学校に入学した2000年に比べ、
世の中の健康に対する意識がだいぶ変化しました。

私が学んだカイロプラクティック療法というものは、
そもそも痛みのために存在するのではなく、
良い状態を維持する・健康状態の底上げのために
利用するものです。

痛みや不具合に悩まれている方の、
身体のはたらきの悪い場所を確認して、

はたらきを良くすることで、
結果→痛みや不具合が楽になっています。

 

2000年頃はカイロプラクティックの利用のきっかけが
「○○が痛いから」という理由の方がほとんどでした。

しかし、最近では、痛い場所はないけれど、
「健康の維持」「健康状態の底上げ」
のためにご利用になられる方も
増えて来ました。

予防と健康の質アップのための継続利用

banzai003

世の中の健康に対する意識が変化し、
生きているだけじゃなくて、
生活の質の向上にも目が向けられるようになりました。

「最初は腰が痛くて来て、
 最近は腰も痛くならなくなったけど、

 全身を調整してもらうと首も楽になって
 仕事がすごくしやすいので、 
 このまま継続利用したいのですが
 継続利用しても良いものなのでしょうか?」

というご質問もいただくようになりしまた。

神経質になる必要はありませんが、

歯磨きは虫歯になったからするのではなく、
虫歯にならないためにするケアであるのと同様、

カイロプラクティックも痛みが出る
ずっと前から利用することが出来ます。

 

私も痛みや問題がなくても、
仕事を快適にするためにケアを受けています。

 

基礎的なケアをします。

痛くない状態での身体のケアは受けたことありますか?

身体に痛みという問題が起きてなくても、
身体の使いにくさというものが始まっています。

身体の動きのチェックをしながら
つかいにくい状態を改善していきますと、
たいていの方は、
「あ、身体悪かったんだ。」とおっしゃられます。

この程度の状態からケアをしていくと、
健康状態の底上げになります。

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ