片頭痛(へんずつう)

片頭痛(へんずつう)

headache0002

2000年に二年制のカイロプラクティック専門学院に入学し、
その後、整体院で働き続け、
いろんなタイプの頭痛を見てきました。

片頭痛は、実は私自身が苦しんでいました。

片頭痛になったことはありますか?

  • 寝ていれば治るものではないし、
  • 痛すぎて眠れないし、
  • 食べ物を噛む行為自体が頭痛を増強するし、
  • アタマの位置がほんの少し動くだけでもひどく痛いし、
  • 吐き気ではなく、実際に吐きますし、…

kowai

このまま痛みは治るのかな…
と、不安になりますよね。治し方がわからない。

また、薬も、市販の鎮痛薬では効かず、
病院で処方された「片頭痛用」の薬じゃないと
効かないこと、いいタイミングで服用しないと
いつまでも頭痛が続くことも特徴です。

片頭痛とは?

血管運動性頭痛のことで、頭部血管が拡張し、
拡張した血管が神経に触ることで痛みが出る
とされています。吐き気と脈打つような片側性の頭痛が特徴です。とされていますが、両側性のこともあります。

片頭痛の薬の作用

片頭痛に苦しい人は、
片頭痛について、
インターネットでいろんなサイトを
調べ、

「なんらかの原因により、
 頭にある血管が拡張し、拡張した血管が
 神経に触ることにより起こる頭痛。」

という説明をご覧になっていることが多いです。

病院や薬局のサイトですと、

…「ですので、市販の鎮痛薬ではなく、
専門医の診察を受診し、
専用の、片頭痛用の薬を処方してもらう。」

というような指導がされています。

片頭痛薬は、拡張した血管を収縮させたり、
血管周囲の炎症をとることで、片頭痛の痛みをやわらげる

という作用をします。

「拡張した血管が神経に触っている」 から、収縮させて血管が神経に触らないようにするためです。

そして、
拡張した血管を収縮させるということで、

  • 肩こり
  • 腰痛
  • 頭痛(肩こりによる頭痛)

という作用もあります。

こちらの作用は副作用として処方薬の説明に掲載されています。

でも、お薬だけでは、「なんらかの原因」に対しては、 なんの対処もしていません。

※頭痛と言っても、いろいろあります。

勝手に単なる頭痛と決め付けず、
お医者さんを受診して、
緊急に対応する必要のある脳の病気ではないことを
調べる必要はあります。

その上で、

「ただの片頭痛」である場合

「なんらかの原因」について改善していく必要があります。

あまりの痛みに、不安になる場合があり、
不安になると症状を強くすることがあるので、
片頭痛用のお薬で症状を遠のかせる必要があれば、
一時的にはそういった対処をすることも大切です。

でも、

病院・薬局の説明による、
「なんらかの原因により」
という部分に注目してみてください。

そこは、

断言できるほどの、根拠ある原因が明示されていません。

本当に良い状態を維持することが目標なら、
この「なんらかの原因」にプローチしないと、
いつまでも頭痛→服薬→頭痛→服薬…
というくり返しです。

そして、

頭痛の回数は服薬するようになってから
増えていませんか?

私は、服薬の回数が少ない方でしたが、
一回に一粒じゃ効かなくなり、
年間で12回、量にして15粒服用するようになりました。

仮説の下に施術をしています。

なんらかの原因=どこかが血流不足になっている
という仮説を下に施術をしています。

「どこかが血流不足になった場合、
  血流を促さなければと脳が判断して
  血管を拡張させます。
  それがアタマの部分で起こると片頭痛になる」

脳が「血流不足である」という判断をしないで済むように、
どこかが血流不足になることを防いだ生活をします。

この仮説の根拠は、

片頭痛予防策として推奨されているのが、

  • 身体にめぐる血液の質を良くする食品の摂取
  • 身体に血液をめぐらせる生活

だからです。

片頭痛に良いとされている食品を積極的に摂取する。
(この食品は貧血に良いとされている食品と重複しています。
それもどこかが血流不足になるという仮説に合います。)

これは、特に生理前から生理中は意識して摂取する必要があります。
(生理の時に片頭痛発作が起きる人も多いです。)

そして、痛みがなくても不調がなくても
定期的に身体のメンテナンスをすることで
身体の動きを良くしていきます。
=身体が動けば血液が全体に行き渡る。

これらは、
片頭痛に悩まされていた私が
実際に気をつけて生活習慣から改善した方法です。

こんなことをしています。

片頭痛用の特別な施術はしていません。

身体が痛い・どこかが凝る
といった症状が出る前に施術を
行います。

頭痛発作が起こってしまっている場合は、
施術をすることで少し楽にはなりますが
発作が治まるための時間が必要です。

頭痛発作を治めるための施術ではなく、
頭痛発作が出にくくなるような身体作りが大切です。

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ