肩甲骨の際(きわ)の痛み・こり

 

肩甲骨の際(きわ)の痛み・こりについて

肩甲骨の際(きわ)の痛み・こり

2000年からこの仕事に携わり、たくさんの肩こり
腰痛にお悩みの方々をたくさんみてきました。

肩甲骨の症状は、主な症状としてというより
ついでのように訴える方が多いです。

 

  • 「肩甲骨の際(きわ)が痛い。」
  • 「肩甲骨の所が重い。」

 

 

という方や、

そういった自覚はないけれど、ぎゅっと触ると

 

  • 「そこ、マッサージされると気持ちいいです。」
  • 「そこ、押されると痛いです。」

 

 

という方がとても多いです。

姿勢ととても関係があります。

肩甲骨の際の痛み・こり

 

肩甲骨の際の症状は、
首や肩・背中の二次的症状として表れています。

 

腰や背中を丸めて顎を突き出すような姿勢、
テレビ・パソコンを見ているうちに頭を前に突き出すような姿勢、

それらの姿勢が、
肩甲骨を支配する神経や、肩甲骨周りに行くべき血流を
ジャマしています。

神経を圧迫するからその先の肩甲骨の働きが悪い、
血流を圧迫するから肩甲骨は常に栄養不足のまま
働かされています。

肩甲骨にとっては、たいした食事も与えられず
複雑な仕事を強いられている、酷使されている

ようなものです。

だから、栄養も来ないで働かされ続けている
ということを「痛み」という信号として
発しています。

検査壁バンザイ
ちなみに肩甲骨に症状がある方は
真っ直ぐ立つという姿勢をとった時に、
横から見て肩・腕が前に入っているので
壁に沿ってばんざいが出来ていません。

 

当院では全身を整えます。

 

悪い姿勢が長期に続いた結果、
良い姿勢を作ること自体しにくくなっています。
良い姿勢を作ることがとても疲れます。

 

カイロプラクティック理論に基づいて神経の働きを
本来の状態にするために骨盤矯正・背骨の矯正をし
硬くなっている肩甲骨の動きを他療法も融合し
改善していきます。

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ