腰痛ベルトは、腰痛になったことある人は必ずするべき?

ブログ

過去にも腰痛ベルトについての話をしています。

参照
ブログ➡腰痛ベルトはした方がよいですか?

 

すっごく痛い時に

  • 腰痛ベルトをすることでよく動ける

だったり、

  • 重いものを運ぶ作業がある

場合だったり、

使った方がいい場面もあります。

でも、

なんとなく習慣で使っているという人には、勧めていません。

理由は、「締める」ってことは、少なからず血流を阻害するからです。

痛い場所で何が起きているかご存知ですか?

これは、初回に尋ねている質問です。

ここに、

  • 炎症ですか?…が、だいたい50%
  • わかりません。…が、だいたい50%
  • 超少数で、血流が悪くなっています

という答えをされる方々がいらっしゃいます。

炎症が起きていたら→痛い。はありますが、痛い場所は必ず炎症しているわけではありません。

当院にいらっしゃるような「慢性痛」に該当するような方々は、

血流(血液中の酸素)が来なくて、それを脳に知らせるための信号として「痛み(または、だるい・重い・不快等)」が起こっています。

さきほど挙げたような明確な腰痛ベルトの使用目的がある場合を除いて、漫然と使用したらどうなるか想像してみてください。

もっと血流を阻害して、もっと痛みの原因になってしまう場合が考えられますよね?

腰痛ベルトを取り上げて話していますが、

  • きつい下着

も、肩こり・腰痛・下肢の問題に関与していることがあります。