「何もしていないのに、腰が痛くなりました。」何をしたのか?

question0003

「何もしていないのに、腰が痛くなりました。」
「何もしていないのに、肩が痛くなりました。」
「何していないのに、足が痛くなりました。」

その原因の多くが

何もしていないこと。

です。

運動というと、漠然としていますが、運動不足です。

「そんなこと、わかっている。」

と、思われるかもしれませんが、では

  • なぜ運動不足が痛みの原因になっているのか
  • どんな運動をしたらいいか

を話します。

これは、一人一人個人で違うので、具体的にというのが難しいです。

まずは、

なぜ運動不足が痛みの原因になるのかというと、

運動しないと、毎日の決まった動きの範囲と動く方向にしか動いていないために、
決まった場所だけ血流が良くなり、ある場所は血流が悪くなってしまいます。

血流が悪い箇所の出来ることで痛みの原因になってしまう理由は

当院ご利用の方には説明していますが、

血流…血液によって細胞が運ばれていて、
細胞は、酸素がないと死活問題になるので

  • 痛い
  • だるい
  • 重い

などの「信号」を出します。

運動することでしか行き渡らない領域が痛くなります。

どんな運動をしたらいいか。

ということについては、上記の理由から、普段していない動きをすることがお勧めです。

まったく運動しない人であれば、ラジオ体操から始めて、日常生活ではしない動きをすることで身体に血液が行き渡り、つらい痛みから解放されます。

毎日ラジオ体操していても痛みが出た方であれば、ラジオ体操の動きがしっかり出来ているか?ラジオ体操以外の動きも取り入れる。などがおすすめです。

 

コメントを残す

このページの先頭へ