【理系クン】高世えり子著文春文庫 おもしろかったです。

理系クン 本

理系クン 本

改札に入ってから、本屋さんがあると
とてもありがたいです。
大きな駅は本屋さんも大きくてうらやましい。

画像の【理系クン】高世えり子(たかせえりこ)著
上野駅の構内の本屋さんで買いました。

手持ちの本を読み終えてしまったので、
帰りに読むための軽めの物を探していたら、
この【理系クン】の絵もタイトルも楽しそうな
本に出会いました。

中身はまんがでした。

文系女子のえり子はサークルで出会った「理系クン」に興味を抱くが、
彼の理系特有の思考回路に振り回されて……。文系女子と理系男子の
間に流れる深くて暗い川を渡り、えり子は理系クンと交際できるのか?
理系男子の生態を観察・分析。女心のわからない理系クンとの恋愛
事情を爆笑コミックエッセイに。

文春文庫【理系クン】裏表紙より

だいたい本を決める時には裏表紙の
あらすじや解説を見て、決めます。
今回の決め手は

「彼の理系特有の思考回路に振り回されて…。」
というところでした。

コメントを残す

このページの先頭へ