「めっちゃ目が乾いて、唇もリップしても乾くんですけど、花粉症と何か関係があるんでしょうか?」

people-2566201_1920

「めっちゃ目が乾いて、
 唇もリップしても乾くんですけど、
 花粉症と何か関係があるんでしょうか?」

というご質問をいただきました。

花粉症だから、お薬を服用されているとのこと…。

drug-2081888_1920

 

私も出来れば薬は使わない方がいいと思っている派です。

でも、薬を敵視はしていません。

現状と、回復する力を秤にかけて、
使った方がいい時もあると考えています。

薬のメリットって何でしょうか。

  • 今困っている症状に対する即効性
  • 時間の拘束がない
  • 安価

といったところではないでしょうか。

話を
「めっちゃ目が乾いて、唇もリップクリームをつけてもすぐ乾くんですけど、花粉症と関係ありますか?」

というご質問に戻します。

花粉症と直接と言うより、花粉症のお薬を服用されているとのことで、お薬と関係しています。

そこまで単純ではありませんが、単純な話として、

花粉症のお薬の目的って、

  • くしゃみ
  • 鼻水

などといった症状を抑えるためですよね?

 「出る」系を止めるためのお薬です。

目やお肌のうるおいは、「出る」系の働きで保たれます。

で、「出る」系を「抑える」お薬…

くしゃみ、咳、鼻水…だけを都合よく止めるわけではなく、出る系を止めます。

だから、必要なうるおいもなされなくなります。

*****

免疫力が強い弱いという言い方がありますが、実は免疫も強い弱いではなく、免疫を調整する力(能力・機能)がしっかりしているかしていないかが重要です。

*****

身体が薬より優れているのは、そういう「調整力」があるところです。

栄養不足・睡眠不足・運動不足

で身体が弱っていると、「調整力」が悪くなります。

 薬を使って症状が抑えられている間に、栄養不足・睡眠不足・運動不足を養い、自分の力をアップさせることが大事です。

自分の力をアップさせるために、症状に休んでもらおうと薬を用いるという選択は必要です。

でも、症状を抑えて、身体を酷使していれば、自分の調整力はどんどん弱ってしまいます。

カイロプラクティックは、その調整力をフルに発揮するために、神経の通る背骨の動きを良くするというものです。

薬のようにたちどころに花粉症が治る。

という魔法は起こせませんが、背骨を良く動くようにすることで、身体全体の機能をアップさせていきます。

ただし、花粉症…外の物に対して過敏に反応している身体の機能を、理想的な状態にするためには、頻度も期間もかかります。

コメントを残す

このページの先頭へ