身体の疲れがとれる柔軟器具【ストレッチボード】安全で効果的な使い方とは?

ストレッチボードというものをご存知ですか?

ストレッチボード使っている時の画像

傾斜がついた器具です。
この器具を利用して、

  • 疲れがとれる
  • 身体全体を使いやすくする

という身体のセルフメンテナンスが行えます。

「ストレッチボードに乗るだけ」という簡単なセルフメンテナンス器具です。

しかし、安全で効果的に使うために気をつけるべきことがあります。

安全で効果的に使うために、なぜストレッチボードが身体に良いか?という話や気をつけるべき点を話します。

 bar-gr

ストレッチボードぷるぷる乗る 

00.なぜ、ストレッチボードが効果的か?

01.前屈出来ると思っている人も意外にキレイに乗れない理由

02.身体が硬い・疲れやすいという人の特徴

03.ストレッチボードを安全に使うために気をつけること

04.効果的に使うために

05.ストレッチボードで膝が痛くなる人は…

06.あとがき

 

00.なぜ、ストレッチボードが効果的か?

柔軟性を上げるために前屈をすると、
自然に膝を曲げてしまう方がほとんどです。
膝を曲げた前屈では、効果的に身体の背面が伸びていません。
ストレッチボードを使うと、上体を曲げる前屈ではないので、
しっかり乗ると自然に身体の背面が伸びます。

01.前屈出来ると思っている人も意外にキレイに乗れない理由

前屈の時に、

  • 膝が浮かせていることで
  • 膝を内側にしていることで

前屈をしているので、
実は脚の背面の柔軟性が足りず、
ストレッチボードにキレイに乗れない方が多いです。

 

02.身体が硬い・疲れやすいという人の特徴

ストレッチボードの傾斜角度は低いのに…

  • バランスを取りながらも、後傾しながらぷるぷると乗る

ストレッチボードバランスぷるぷる

  •  バランスを取りながらも、前傾しながらぷるぷると乗る

st‐前傾して乗る

  • ストレッチボードに乗ると足の指が浮く

という方は、普段の生活上脚の背面の柔軟性が足りずに、
多くの筋肉がある下半身を使えていません。
そのため、身体が疲れやすいです。

03.ストレッチボードを安全に使うために気をつけること

  • 角度は徐々につければいいので、最初から無理をしない。
  • 必ず、つかまれる物のある場所で行う。

st‐摑まって乗る

  • 乗っている時の姿勢に気をつける。

 ストレッチボードぷるぷる乗る

04.効果的に使うために

上記項目03の乗っている時の姿勢に気をつけることが大切です。

O脚、内股O脚、X脚の人は特に、
→ストレッチボードに乗って膝を正面か外側に向けた姿勢で乗る
ことが大切です。

膝を内側に向けたままの姿勢で乗っていると、
膝が痛くなることがあります。

05.ストレッチボードで膝が痛くなる人は…

上記項目04で話しましたが、
膝を内側に向けたまま乗っていると膝が痛くなることがあります。

膝を内側に向けたまま乗ると、膝を反対側に曲げるストレスを
与えるので、膝に痛みが生じることがあります。

06.あとがき

何人か弟子がいる師匠の所にいました。
その後、スタッフが複数名いる整体院で仕事をさせてもらいました。
ちょっとした不具合があれば、すぐに治してもらえました。

でも、

自分が一人で、この仕事をするにあたり、
セルフケアを

  • いかに簡単に手軽に
  • 短時間で

習慣にするかと考えた時に、
ストレッチボードは必需品だと考えました。

単純な器具ですが、「正しい乗り方」が
ちょっとしたことだけど知らないと、
効果が薄れるし、人によっては危険だと思いました。

このブログをご覧になって、
私という身体の専門家がいいという器具だから
使ってみようと思われた方は、
項目03、04、05をしっかりお読みになってから
お使い下さい。

当院のご利用者さんは、来院時にご相談ください。

—————————–
肩こり・腰痛・疲れに
【横浜市緑区の整体】デイジー整体院
JR横浜線十日市場駅徒歩3分
横浜市緑区十日市場町817-2フォーラム88-301
0459850023 完全予約制

平日9:00~19:00
土日9:00~17:00
火曜・祝日定休

ホームページ
http://www.daisy-seitai.com/

O脚・下半身太り専用サイト
http://www.daisy-kgs.com/

完全予約制 1日6名まで
「ブログを見て…」とご連絡ください。

——————————

コメントを残す

このページの先頭へ