足ゆびの間が縮んでいると身体にも脳にも悪い。

ブログ

骨間筋足背側

足ゆびの間にある筋肉を「骨間筋(こっかんきん)」といいます。

骨間筋が委縮すると、重心が不安定になります。

骨間筋が委縮していることを、テーブルやいすに例えると、一番下の足の部分が小さくなってしまうようなものです。
足が大きいと安定し、足がちっちゃいと不安定なのはわかりますよね?

重心が不安定だから、バランスをとるためにたくさんの筋肉を使います。
バランスをとるというのは、「微調整」のために使われます。つまり、運動的な使うではないために疲れます。

身体を使う、動かして使うのは身体にとって良いですが、

微調整のために「常に使われている」というのは、

  • 疲れやすい
  • 膝が痛い
  • あしがつる(こむら返り)
  • 腰痛
  • 股関節痛
  • 膝関節痛

等と、関連します。

もちろん、足自身の不具合

  • 浮きゆび(浮き趾)
  • 外反母趾

等とも、関係しています。

高齢者の歩行障害の原因の一つに、骨間筋の委縮が考えられると言われています。

そして、足の不調から「歩かなくなる」ことが積み重なったり、足からの情報が悪いままでいたりすると脳の活動も低下します。

ホムンクルス図

では、何をすればいいか。

  • 骨間筋の刺激
  • 足の「ぐー・ちょき・ぱー」運動
  • 足首を良く回す

が特に有効です。

フットケアはyoutubeでも紹介しております。

 https://www.youtube.com/watch?v=u3YzeucSH8U&t=3s

 

 

【骨間筋イメージのための参照図】

 

骨間筋断面足

骨間筋足背側