整頭顔(せいとうがん)とフェイシャルエステの違い

ブログ

※フェイシャルエステが悪いという話ではありません。

お花を美しくしたいと思ったらどこにお水をあげますか?

正解は、①でも②でも、目的によっては正解です。

お水の雫を載せた美しい写真を撮影したい。
が、目的の場合は、①です。

今すぐじゃなくて、根本的に美しく咲かせたい。
が、目的の場合は、②です。

フェイシャルエステは、たぶん①に近いと思います。
顔に何か載せれば即効性はありますよね?
顔に流れてなくなってしまいにくい水分様のものを載せれば、潤いのあるお肌になります。

整頭顔は、見た目の即効性も感じる方がほとんどな上に、
手をかけているのは、根本的な身体や顔の状態です。

植物に例えると、根っこにお水を上げて元気にしていくことが大切なのに、
美容となると①を選ぶ人が多いのではないでしょうか?

今日塗って、明日の撮影なり何かイベントのために備えるならば、①も目的に合っていると思います。

でも、長期的にどんどん良くなっていくのは、②です。

そして、長い間負担をかけすぎた人ほど、変化しにくかったり、変化しても維持がしにくかったりしますが、短期集中で最初に弾みをつけると変化していくのがわかります。

それは、本人は触れるたびに感じると思いますし、特にあなたの横顔をよく見ている他人が気づきます。

そして、機能をアップさせているので、

今施術した瞬間だけ良くなるというものではありません。

根っこにお水をあげているので、翌朝更に良くなっています。

気付きにくい加齢の問題

たるむからなんですけど、顔のパーツが少し外側によります。

施術後ははたらいていなかった顔の筋肉が使えるようになるので、パーツが中央によります。

※少しいい感じにしたくて、ウィンクさせてみました。

長いお付き合いの方々にはわかるかと思いますが、

身体にも良いから勧めています。
身体に直接という意味でもそうですが、気持ちが上がります。
気持があがるっていう作用は、さらに身体にいいです。

緊急性はないけど、必要性のある内容です。