森林浴と深呼吸で免疫力が高まる話②具体的に何をする?

ブログ

森林浴と太陽光

前回の続きです。
前回は病気の話をしています。
病気の話は聞きたくないという方はこのページからお読みください。

前回の話も合わせて読みたい方は

https://www.daisy-seitai.com/2015/06/04/2793/

をお読みください。

【免疫力アップに森林浴セラピー】

森林浴とNK細胞
森林浴2時間で26.5%強くなり、
泊りがけ…だったかな…で、52.6%強くなるそうです。
(すみません講義が早くてメモを取れませんでした。大まかな内容を掴んでください。)

森林浴セラピーを行った後、
1週間後も免疫力はアップしたままで、
30日経過後も、行ってすぐよりは落ちるものの、アップしている状態を保っています。

泊りがけなど大掛かりなことは出来なくても
一週間に一回公園を二時間散歩するだけでもNK細胞はアップする。
といえます。

森林の香りが「がん抑制する」ということはマウスさんの実験でも分かっていることです。

※免疫力のアップと言っても、免疫力亢進しちゃうのではなく、免疫調整力自体もアップするというのが自然の力による免疫力のアップです。

 

【自律神経】
自律神経とは、意思と無関係に働く神経。

最近では交感神経が優位になっている時間が長く、副交感神経優位になりづらく、自律神経が乱れている人が多い。

交感神経の働きも必要で、副交感神経の働きも必要。
どちらも活動性がしっかり動いていて、バランスが取れていることが良い。

  • 交感神経は緊張
  • 副交感神経はゆったり

に対して積極的に働いています。

でもここで誤解がないように。

ゆったりとダラダラは異なります。

ゆったり≠ダラダラ
ダラダラというのは余計にバランスが悪くなり体調を崩します。

最近は、交感神経と副交感神経の変動がないために、気候や気圧の変化に対応できない人が多く、

男子は30歳、女子は40歳前後から副交感神経の活動性が低下します。

40歳前後だと、すぐに更年期障害って言われるけれど、原因がないかどうかを考えることも必要です。

温泉旅行に行くと元気になりませんか?

温泉旅行の良い所は

  •  夕飯が早い
  •  和食
  •  心身温まる
  •  和室の広い空間
  •  自然がたくさん
  •  電磁波が少ない…

温泉旅行に行くと、朝、お腹がすきませんか?
朝、お腹がすくということは、睡眠の質が良く胃腸が元気に働いているという目安です。

 

【呼吸】
呼吸は

  • 1分間で14回
  • 1時間で840回
  • 一日で約20000回。

1回の呼吸が良いか悪いかで、一日に20000回も違う。
で、あれば良い呼吸をした方が良い。

ちなみに、空気を1日に何キロくらい食べているかご存知ですか?
食べ物は2キロ、水は2キロ…

空気は20キロです。

食べ物は、肝臓で濾過されて全身を回ります。

空気は、肺(肺胞)から直に血液に入って行きます。

【深呼吸】

深呼吸は普通の呼吸の6~7倍の酸素を取り入れています。
いい呼吸=健康 であると考えると、

例えば、良い呼吸を10%プラスすると、
1.1×   16回( 1分)=4.6倍
1.1×  160回(10分)=420万倍
1.1×20000回(1日) =すごい量

こう考えたら、深呼吸する時間を作った方が良いですよね?

地球の空気が一番キレイな時間は朝4時です。
人の活動が低下した夜に地球が空気を浄化してくれています。
日の出前の空気が一番キレイ。
10時前の日は、日焼けしにくい。午前の太陽光は優しい。
心身がリセットされる。

つまり、朝の散歩はとっても身体に良いということになります。

【腹式呼吸】
横隔膜がガーーーッと下がるので、腸マッサージになる。
一日全部腹式呼吸なら20000回の腸マッサー?

【ストレッチ】
筋肉は自力で伸びることが出来ない。(出来るのは縮めること)
必ず戻すような動きをしないといけない。
↑弛緩してこそ、再び短縮が可能。

【筋肉と免疫力】
筋力低下すると、熱産生力・基礎代謝・腸管運動性・筋肉ポンプが低下します。

【とにかく】
自然に触れる、適度の飲酒、質の良い睡眠を摂り、
心地よい時間を過ごすことが大切である。

わけです。

しかも、自分で出来ることなんですよ?
ステキじゃありませんか?

————————————————

「患者がどんな病気を抱えているかより
 どんな人が病気になるかを知る方が重要だ。」

ヒポクラテス

情報byクリミナルマインド9 #18【渇いた牙】
blog http://blog2.wowow.co.jp/kaigai/20150519_18_9_1.html