どんな枕・寝具がいいでしょうか?…今使っている枕が体に悪いのかなぁ…首の痛み・寝違え・肩こり・腰痛は寝具のせい??

ブログよくあるご質問身体について

今使っている枕が悪いのかなぁ…

 

 

sleep woman

身体にとって…

「どんな枕が良いのでしょうか?」

と言った質問をよくいただきます。

  • 首の痛み
  • 寝違え
  • 肩こり
  • 腰痛

は、寝具のせいでしょうか??

結論から言うと、寝具ではなく、身体の不調は身体の方に問題があります。

もちろん、

  • 高すぎる枕
  • 硬すぎるベッド
  • 柔らかすぎる枕
  • 柔らかすぎるベッド

だと、

  • 過剰に首や肩関節を曲げてしまう高さの枕
  • 沈み込みすぎて寝返りの打てない枕やベッド

であれば、寝具側に原因があります。

でも、寝具側の条件がそんなに悪くもないのに、身体の方に問題があれば、それは、身体側の問題です。

せっかくの休息時間なのに、睡眠の質を下げます。

睡眠がとれるいい状態の身体とは?

spine-257870_1920

※今回話すのは、身体の内部のはたらきではなく、筋肉・骨といった面からの話です。

背骨という骨は、一本の骨からなるのではなく、骨が連結してなっています。

  • 不正姿勢による筋肉の疲労の蓄積
  • 運動不足により「動きの少ない生活」の積み重ね

により、

  • 関節…最大動いた後の遊び
  • 筋肉…よく伸びてよく縮む

という動きが悪くなっています。※身体の柔軟性に自信のある方でも、ある場所は柔軟性が高く、ある場所は動きが悪いということがあります。

ちなみに、硬い身体は、特に「動く」といった場合以外の動きも悪くなっています。

「動く」場合以外の「動く」とは

身体は呼吸しているだけでも動きがあります。

例えば、仰向けでお布団かけて寝たら、胸の部分が上下するし、その動きは水の波紋のように身体に広がります。

骨の連結だから睡眠の時にリラックスできる

背骨だけではなく、身体は一つの硬いものではなく、部分部分があって連結しています。

だから、脱力すると、その場に馴染んだ形になれます。

数珠をイメージしてみてください

数珠は、段差のある場所にテキトーに置いても、その段差に馴染んだ形をとれます。

the-rosary-2248396_1920

身体もそんな状態だと、良い状態で寝ることが出来ますし、

硬ければ特定状態に馴染めない。

馴染めないと、その場所はリラックスできない。

と良質な睡眠の妨げになります。

施術中によく見かけるからだのようす

例えば、肩の緊張(厳密には大胸筋等)が厳しいと、仰向けになっても、肩が地面に馴染めない。

馴染めないで丸まって、緊張。

です。

↓これは、首にアプローチする時に、緊張が強い人によくみられる状態です。

身体に力が入ったままだと、眠りにも入りづらいですよね。

だから、寝具と同じくらい…寝具より…自分の身体をどう扱って生きるかが大事です。