鏡に映す時には、微調整しています。だから…

ブログ

顔は、シンメトリー(左右対称)に近ければ近いほど美しいと認識される。

と、言いますが、顔が綺麗に左右対称な人はいません。

だから左右非対称でいいというわけでもなく、身体のストレスが顔のバランスを、より歪めているようでしたらケアをする必要があります。

鏡に映す時には、微調整してしまうから自分では気が付かない場合もあります。

だから、

  • ふと撮られた写真が気に入らない
  • ショウウィンドウに映った疲れた人が自分だったというオチ

などなどがあります。

人が見ている自分という姿は、そのふと撮られた写真だったりショウウィンドウの自分だったりします。

その現在地を認識することが難しいので、整頭顔(整頭顔)では、初回だけお写真を撮影します。

初回だけ施術後も撮影します。

自分でも確認しておきたい方は、出来れば自撮りではなく、他人に撮影してもらえる写真を撮影しておいてください。