腰痛ベルトはした方が良いですか?‐よくあるご質問シリーズ‐

ブログ

pain00010

腰痛でみえた方が、
施術後にご質問されることがあります。

このご質問に対する答えは、

「場面によってはしても良いですが、日常的にするのはお勧めではありません。」
です。

場面によってとは、

重い物を持つ仕事の仕事中などです。

日常的にするのはお勧めではない理由

ベルトで締めているという状態が、血流(酸素が行き渡ること)を阻害するからです。

動かず座っている状態で、ずっとベルトを締めていると、血流の悪い状態を作り、それが痛い場所を作ってしまいます。

 

天然ベルトを作りましょう

天然腰ベルトの役割をするのは、腹横筋という筋肉です。

あるけど、使えていない人が多い筋肉です。

この腹横筋は、
腹式呼吸をすることによってトレーニング出来ます。

腹横筋という天然ベルトを作り
…厳密には存在するので作るというより、 使うことを思い出して使いましょうという感じです。…
自分で自分をサポートしましょう。

【深い呼吸で腹横筋をトレーニングする方法】

立位(立った状態)でより、
仰臥位(仰向けの状態)での方がしやすいので
仰向けで行いましょう。

①お腹をへこませながら、フーッとゆっくり息を吐きます。
 お腹の底が痛くなるくらいまで吐き切ります。

 お腹の底が痛くなった時に、腹横筋に効きます。

②お腹を膨らませながら息を吸います。

これを繰り返します。

つまり、腹式呼吸なのですが、
お腹をヘコませたり、膨らませたりすればいいのではなく、
お腹の底が痛くなるまで吐くところが重要です。

また、
仰向け姿勢で顎を上げていると、
うまく行きません。

筋トレというより体操です。
腹横筋を使うのです。
最初は難しいかもしれませんが、
自分に必要なものを使うので楽な体操です。

筋トレよりも体操的な動きを推奨しています ブログ 参照
https://www.daisy-seitai.com/s3839/

【腹横筋】

腹横筋 001

腹横筋は一番深い場所にあるインナーマッスルで、
身体を動かす時に最初に動く筋肉です。

重い物を持ち上げる、「ウッ」と力が入った時に、
腹横筋に力が入っています。

【腹横筋を使えていない人が多いのは】

パソコンによるデスクワーク時に、
顎(あご)が上がってしまい、
首の筋肉をいっぱい使う呼吸をしています。

深い息をしないので、
腹横筋を使えない人が多いです。