きつい下着という認識もないままに、合わないサイズ着用による弊害。

ブログよくあるご質問身体について

2020年2月7日投稿、2021年7月26日rewrite

あなたの下着はあなたに合っていますか?

前回のブログ
キツイ洋服と身体の痛み…例を外側大腿皮神経で話します。
https://www.daisy-seitai.com/2020/02/07/10750/

で、腿の外側のしびれや痛みについてを例にとって話しました。

中で、「例にとって」ということは、他の部分にも当てはめられるということです。

きつい下着を着ているという自覚がない

図の、上段下段の絵を比べてみてみださい。

きつい下着は、毛細血管や神経を圧迫するので、身体に影響を与えられます。

肩にかなり食い込むようなストラップは、身体を締め付けています。

肩こりがつらい、腕がだるい、首も痛い…

この部分が締め付けられていて、

  • 肩こりです。
  • 腕がだるいです。

になるのは、必然とも言えます。

上の絵は、ブラですが、これは、下半身とショーツの関係としても言えます。

ショーツのゴムがきつすぎれば、それも問題です。

冠婚葬祭など、かしこまった席に着ていくくらいなら、問題も出にくいと思いますが、日常的にきついガードルを履いていたら、神経も毛細血管も100%のはたらきではなくなります。

消費者センターで問題になっていた2006年の人気商品

2006年と言えば、もうだいぶ前のことです。今は、商品も開発されていいものもあると思います。

当時、むくみをとる靴下 という物が玉石混交に売られました。

粗悪品は、ただただぎゅうぎゅう締め付けているので、血行障害が消費者センターに訴えられていました。

医療用としてお医者さんの指導の下に購入して、利用する場合は安全だと思います。

でも、よくわからないものを購入して、むしろ健康を阻害する場合もあります。

商品を購入する場合は、身体に影響するものであればあるほど、お店の専門スタッフさんに相談して買いましょう。

でも、なによりも、ふくらはぎ(腓腹筋)を鍛えましょう。

ガードルも、スラッとした脚も、自前を仕立てましょう。

—————————-
肩こり・頭痛・腰痛・疲れに
【横浜市緑区の整体】デイジー整体院
JR横浜線十日市場駅徒歩3分
横浜市緑区十日市場町817-2フォーラム88-301
電話045‐985‐0023
完全予約制

平日9:00~17:00
土日9:00〜17:00
火曜・祝日定休

デイジー整体院ホームページ
https://www.daisy-seitai.com/

完全予約制 1日6名まで
「ブログを見て…」とご連絡ください。

LINE :
友だち追加

ご予約ご質問はメールからも
行えます。(各コース共通)
メールアドレス info@daisy0023.sakura.ne.jp
フォームから https://www.daisy-seitai.com/contact/

メールのチェックは一日に1回~2回です
ので、返信にお時間いただく場合もございます。
お急ぎの方は
045-985-0023 までお電話願います。

**********