きつい下着…不快なのに無理して使わない。

ブログ

前回のブログ
キツイ洋服と身体の痛み…例を外側大腿皮神経で話します。
https://www.daisy-seitai.com/2020/02/07/10750/

で、腿の外側のしびれや痛みについてを例にとって話しました。

中で、「例にとって」ということは、他の部分にも当てはめられるということです。

絵のまんま…いや、絵が分りづらかったらすみません。

きつい下着も、毛細血管や神経を圧迫するので、身体に影響を与えられます。

神経質…過敏になる必要もありませんが、肩にかなり食い込むようなストラップは、身体を締め付けてしまいます。

ココが締め付けられていて、肩こりです。腕がだるいです。になるのは、必然とも言えます。

上の絵は、ブラですが、これがショーツでも言えます。

ショーツのゴムがきつすぎれば、それも問題です。

冠婚葬祭など、かしこまった席に着ていくくらいなら、問題も出にくいと思いますが、日常的にきついガードルを履いていたら、神経も毛細血管も100%のはたらきではなくなります。

2006年と言えば、もう14年も前ですが、

むくみをとる靴下

という物が玉石混交に売られました。

粗悪品は、ただただぎゅうぎゅう締め付けているので、血行障害が消費者センターに訴えられていました。

医療用として購入して、利用する場合以外は、

ふくらはぎ(腓腹筋)を鍛えましょう。

ガードルも、スラッとした脚も、自前を仕立てましょう。