カイロプラクティックで出来る??姿勢矯正??

ブログ

カイロプラクティックで姿勢矯正

みなさんはどう思いますか?

多くの方々のイメージがバキッとして姿勢よくする。

みたいな感じなようです。(まあ、ちょっと雑な話です。もう少し繊細なイメージの方もいらっしゃいます。)

私が出来る姿勢についてのサポートは、姿勢を良くするために阻害している場所を理想的な状態にする…というまさに「サポート」です。

  • 良い姿勢が出来ない原因て何でしょうか?
  • 今の姿勢って何から出来上がっているんでしょうか?
  • カイロプラクティックなど他者が出来ることってなんでしょうか?

 

良い姿勢が出来ない原因て何でしょうか?

  1. 悪い姿勢でいる時間が長いので、良い姿勢に戻りづらくなる。
    悪い姿勢にばかり丸まっている(大抵は丸まっている・縮めている)から、そこ自体が伸びづらくなっている(筋肉)。
    悪い姿勢にばかり丸まっているために、良い姿勢でいるための関節の動きが悪くなっている。
    など
  2. 良い姿勢でいる時間が短いから、良い姿勢でいるための筋肉を使わなくなってしまっている。
    足を組んでいるのは、座り方を知らない(身体のどのポイントを使って座るかがわかっていない)。
    そもそも良い姿勢でいるために使う筋肉を使っていないから脚を組む。
    良い姿勢でいるための筋肉を使わないから、力を失っている。力を失ったまま良い姿勢でいようとしても最初は疲れる。
    など
  3. 良い姿勢に戻すための命令系(神経)のはたらきが悪くなっている。
    身体が今どういう状態ですという情報を脳に上げて、脳から微調整の命令がくる。そのはたらきがわるい。

 

今の姿勢って何から出来上がっているんでしょうか?

これは、明らかに日常生活…習慣ですよね?
習慣を変えないと、本当には変わりませんよね?

ですから、一度矯正しただけで、0(ゼロ)に持っていかれるわけではありません。この矯正を繰り返し(動きやすくする)、日常生活で気を付ける。運動習慣を身につける。ことで良い状態が作られていきます。

 

カイロプラクティックなど他者が出来ることってなんでしょうか?

施術で良くできるのは、

  • 良い姿勢をとるために必要な関節の動き(関節そのもの)
  • 縮み過ぎている筋肉がはたらけるようにする(筋肉そのもの)
  • その命令系統を整える(カイロプラクティック)

ことです。

中でもカイロプラクティックが得意であり、特殊なのは、命令系統を整えることです。

現在地(姿勢などの体勢)という情報を脳に送り、脳からそこに合わせてこうですよって命令もらって体勢を保ちます。

  • その現在地の情報が間違っているから、命令も間違う。
  • 現在地の情報が合っているのに変な体制をしていたら、命令を出す系統に問題があります。

それらの神経は背骨を通っているので、背骨の動きが悪いと、情報・命令に誤差が出ます。

誤差が出ている理由は、関節が硬いこと・筋肉の伸び縮みが悪いことも絡むので、全体を良い状態にしていくことが大事です。

検査をしていく段階でいろんなことがわかってきます

だから、

  • 姿勢をチェック(Posture Screenというアプリを使っています)
  • 動きをチェック
  • 関節の動きをチェック

をします。

姿勢をチェックで多くの人が、まっすぐ立っているつもりで、前傾していたり後傾していたりします。

施術台の上に寝てもらうと、斜めになる方がいます。(※神経質なまでのチェックはしていません)

↑上記の方々は、いずれも「まっすぐ」と思っているポイントが間違っています。

その間違った状態で、良い姿勢って作れないですよね?

だから、それら全体を整えていきます。

その上で、日常生活を変えてもらわないと、施術だけですべてが整うわけではありません。

おまけ★これは健康教室で話す内容ですが…

関節は、あなたのイメージと違う使い方をされています。

左の絵は、姿勢がいい人です。

この場合、歩く時に腕を前後に振れているので肩の関節がうまく使えています。

一方右の絵は、肩が前に丸まっている人です。

この場合、歩く時に腕を前後に振っているようでいて、斜めに使っています。肩の関節はうまく使えていません。
その絡みで、肋骨の動きも悪いです。
そして、肩が前に丸まっている人は、100%股関節もうまく使えていません。
その絡みで、股関節や腰に問題が出やすいです。

全てを、一日や一回で理解できなくてもいいです。
でも、自分の身体って自分が思っている使い方になっていない。
ということを知ってください。

出来ていないとダメという話ではありません、そうなんだと知ってほしいです。
正しい現在地を知ることが、回復のスタートです。