身体の安定!中腰に強くなるための大腰筋筋トレ~その1~

おすすめな体操ブログ

大腰筋てどこにある?

大腰筋(だいようきん)小腰筋(しょうようきん)は、インナーマッスルとして有名な重要筋肉です。

  • 脚を持ち上げる動作(つまり歩く・走る・階段を昇る等)

をする筋肉で、特別な仕事として紹介されないけど、中腰に必要な筋肉。

Y字バランスって開脚することがすごく注目されているけど、まずはあの場所に脚を持って行くのがすごいことに気づいてほしい。

Y字までいけなくても、脚を持ち上げて、あなたならどこまで脚を上げられますか?

とにかく大事な筋肉

股関節の固定もしている(大きな動作ではない仕事もしています)ので、これが使えているのと使えていないのでは、中腰含めたいろんな動作の時に疲れやすいとか疲れにくいとかに関わってきます。

歩く・走る・階段を昇るをいっぱいすれば鍛えられるけれど、自分に必要な筋肉力の少し上に育てられている必要があります。

どの筋肉にも言えますが、日常的な動作しか行っていなければ、ほっといたら力は下がっていきます。

代表的な大腰筋トレーニング

①寝そべって、両足を90度まで上げます。
※腕は横に伸ばす

②足裏を天井に向けて、お尻を持ち上げる。
※普通の人はそんなにたくさん持ち上げられないし、そんなに長時間上げたままに出来るものではありません。

③上げたお尻を戻して、足も下にしていく。
※出来るだけ「ドスン!」という感じに落とさないようにしていきます。

④足は床に着けないで、そのまままた90度に持って行き、②のようにお尻を持ち上げる。

↑これを30秒くらい続けます。

最初は、お尻をそんなに持ち上げられないです。そして、持ち上げた状態を維持するのはほんの一瞬です。

でも、続けて行けば、お尻が最初より持ち上げられるし、維持までいかなくても一瞬が少し長くなります。

1か月も続ければ、最初の自分より出来るようになります。

 

これに限らずですが、良い姿勢で行うことが大事です。

膝が正面か外側を向いた状態で脚の上げ下げ・お尻の持ち上げをするように姿勢に気を配りましょう。

身体の安定!中腰に強くなるための大腰筋筋トレ~その2~

と、併せて行えると、このその1の感覚がつかめてくるかもしれません。