突然呼吸がしづらくなった

ブログ

前もブログではなしていますが、呼吸する時には肋骨がよく動いています。

その肋骨の動きが悪いと、本来「補助的に」はたらく首の筋肉がメインであるかのように使われ、酷使されます。

呼吸する時の筋肉の絵

呼吸がしづらくなる現象には病気もあると思うので、お医者さんにご相談されるのが先ですが、問題がないとされた時に疑うのは、これられのはたらきに注目します。

呼吸がしにくくなったその方は、以前にも同様のケースがあったので、今回はお医者さんにご相談にいらっしゃるにもつらい(病院は待時間がある)ので、その前に…とみえました。

みれば、以前と同様に、上図で描いた筋肉たち以外にも、大胸筋・小胸筋もとても硬い。

それらを考えて、アプローチしていったら、すぐに呼吸が楽になりました。

もちろん他の病気の心配も無視しない方がいいと思うので、これらの後、病院に。

特に問題がなかったようなので、3日連続で施術。安心な状態に。

 

…呼吸がしづらくなるって怖いですよね。

この方は、すごく怖かったようです。

それが、余計に身体によくなかったように思います。

来院は義務ではありませんが、ひどくなって連続で「行かなきゃならない」になるのは不自由だと思います。

計画治療ではない方でも、適当にご利用ください。