私は、有料で「視力を低下」させてしまいました。でも、ある無料動画で「視力をアップ」させました。

ブログ

私は、とあるもので視力を低下させてしまいました。でも、見る力をアップさせました。

あ、念のため申しますが、スピリチュアルな視る力とかそういう話ではありません。

視力アップさせてしてくださったDr.ヨシユキ先生(Dr.と先生は重複単語?!)ありがとうございます。感謝しています。

 

視力を低下させてしまいました。

0.3も下がってしまいました。とてもショックでした。

でも、アップした(元の視力)ので、紹介します。

ただし、目の器質的な問題を元に戻せたわけではありません。

もう半分の力の能力を、今の自分で最大限にした(と思う)ので「視力」そのものが元の視力に戻りました。

見る能力(機能)とは

「見る」という働きは、

  • 目が映す
  • 脳が認知する

で成り立っています。

私は、この「映す」方を劣化させてしまったので、視力が下がりました。

下がってショックでした。

でも、世の中に「視力回復」という言葉があるから、何かないだろうか…。

と、藁にもすがる気持ちで、YouTubeで検索をしてみました。

「視力回復」のための選択基準
  • 専門家
  • 回復させるにあたり説明があるか

でした。

専門家というところにはこだわりました。

身体のことなので、出来ればドクターと思いました。

ラッキーにもすぐにピンとくる動画に出会えました。

本当はの割合はわかりませんが、

「見る」という働きのうち

  • 目が映す
  • 脳が認知する

が、50%ずつで成り立っているとします。

 

両方が揃って、「見えるという機能」がはたらくので、目が「認知する」を担当することも、

脳が「映す」ことを担当することはできません。

この度、目の「映す」機能は、減らしてしまいました。

その動画でご紹介くださっている内容は、「認知」機能にはたらきかけるというものでした。

今回、私は「認知」機能は、傷つけていません。
そして、「認知」を上げることはしていない。
だから、ココに賭けてみようと思いました。

脳のチカラを上げれば、全体での「見える力(視力)」は上がるはずと思いました。

 

もちろん、「映す」機能について、諦めて投げているわけではありませんでした。

こちらの動画でお話しされている先生も、「見えるようになると信じて行うことが大事」とおっしゃっていました。

やると決めたら、とにかく全力でやってみる。

という気持ちで取り組みました。

一か月続けて、二重にぼやけていて近視が進んだ状態が、明らかに0.3良くなりました。

埋まったのは、きっと脳のはたらき側ですが、それでも全体で「視力」なので、視力は上がりました。

冒頭のご紹介通り、7日間で失った0.3が戻りました。

その後1か月で視力と言う数字では変わりませんが、もっとくっきり見えるようになりました。

その先はわからないけど、継続しました。

2か月続けて、それ以上は良くなりませんでした。

でも、ひょっとしたら悪化に進んでいる可能性もあったし、自分の年齢的(47歳)なこともあるし、維持に見えても良くなっている可能性もあります。

でも、1か月の終わりと、2か月の終わりに変化がなかったので、今はもう少しゆるく継続しています。

私はとても救われたので、この動画を紹介します。

あれから3か月経過しますが、それ以上良くなることもないけど、身体に悪いことは一つもありませんでした。

↑私の考えでは、身体に何か良い反応があっても、悪いことがあってはならないと思っています。(天秤にかけるというのはアリ)

だから、すごく良い物を紹介してもらっても、何か身体に悪ければ人に紹介できません。

特に、この仕事をしている私が話すことで、安心して取り組む人もいらっしゃるので、そういう方々に誠実であることも大切だと思っています。

だから、最初に七日取り組んで結果が出てもすぐには紹介しませんでした。

3か月経過した今、安心してご紹介いたします。

その動画とは?

専門家である先生が、近視・老眼等のしくみを丁寧かつ、短く説明してくださっています。

それらを踏まえて、そして、現在地の動画で簡易的に視力を確認してから、実践。

丁寧に取り組むことが大事と思います。

人に合う取り組み方というのもあるので、とにかくやってみる派、詳細までこだわってからやる派、…どちらでも自分の向いている方で、楽しく取り組むのがいいと思います。

ただ、人間のメジャーはいい加減なので、視力検査動画を視聴して現在地を確認しておくことは、必須です。

【解説動画】

※2020年10月で、この動画は削除されるそうです。