お申込書の項目⑦と⑩が大切な理由。

ブログ施術について

4年くらい前に、当院の利用法と説明という最初に渡す資料と、お申込書を作り直しました。

それは、当院にいらしてから見たり書いたりしてもらってきました。

今年は、院滞在時間をできるだけ短くしたいという方もあり、それらの資料をPDF化して閲覧できるようにしました。

この中で大事な項目について、話したいので、お読みいただけたらうれしいです。

お申込書の大事な項目

お申込書に

  • ⑦今お悩みの症状があることで、困っていることは何ですか?
  • ⑩健康を手に入れたら何に力を注ぎ、もっと何をしたいですか?

という項目があります。

身体のようすを伝えるための情報以上に、

この⑦と⑩がとても大事であると考えています。

最初におみえの頃、多くの患者さんが伝えたいと思われるのは、身体のようすを伝えるための情報…症状です。

大事な情報ではあります。

でも、それより大事なのが⑦と⑩です。

今までどうだったかという以上に大事なのは、これからどうしたいかです。

  • 最初から決まっていないとか
  • 初めて会った私(森)に語りにくい
  • 人に教えたくない

…それは構いません。

でも、自分の中ではよく考えて欲しいことです。

身体に痛みや不具合があると、それを排除したいという気持ちはわかりますし、共感します。

でも、

  • 痛みを解消したい
  • 不具合を解消したい

…等等、それは一見当たり前のことです。

でも、それを思うたびに、「痛みのある自分」「不具合のある自分」を意識してしまいます。(思考の仕組み上)

だから、健康になったら何をしたいのかということがとても大切なのです。

  • どこに行くか決めずに出発することはありませんよね?

心と身体もどうしたいという目的がないと、健康への道が遠回りになります。

また、本当にやりたいことが目的じゃないと、健康になったらやらなきゃいけなくなるから、何かしらに妨害されます。…妨害されるという受動的な言葉を使いましたが、妨害するのも自分です。

20年この仕事に関わってきて、感じてきたことです。

よく言う使命があれば、それもいいけれど、別に地球を救いたいとかそういうたいそうなことだけではなく、本当にやりたいことが描いてほしいです。

やりたいことは、いっぱいあっていいい。いっぱいあった方がいいです。

一つ一つの大きな目標が、それぞれを高める作用になります。

 

「痛みのない身体」がゴールではなく、「したいことをする」がゴールです。

痛みや不具合だけに焦点を当てると、整体を受けることが目的になってしまいます。

それは、患者さんにとってしあわせじゃない。

それが、20年この仕事に関わってきて、今思っていることです。

 

  • 地球は平らだと思っていたけど、実は丸かったとか、
  • 空が回っていると思っていたけど、実は地球が回っていたとか、

もあるので、
もっと経験を積んで、奥深く勉強していくと、またこの思いも変わるかもしれませんが、今はこのように考えています。