まっすぐ立てますか?…真っ直ぐ立っていると勘違いしている脳

ブログ身体について

2013年9月26日投稿、2020年12月11日rewrite

壁沿いに立つ

まっすぐ立てますか? 何もない所で真っ直ぐではなく、壁に沿って真っ直ぐ立てるかチェックしてみてください。
踵(かかと)・お尻・背中・頭をつけて、足は肩幅。

壁に沿って真っ直ぐ立つ。

改めて、壁沿いに立つと壁にくっつくのがつらいと言う方が多いです。

つらいまでいかなくても、施術後にもう一度同じように立ってもらうと。背中の着き方が変わる方が多いです。

腕を伸ばしてみる

今度は腕をまっすぐ伸ばしてみてください。
手が壁につけなかったり、手をつこうとすると腰を極端に反らしたりとなる方も多いです。

伸び‐壁に沿って

壁という真っ直ぐ基準を使う理由

壁に沿わずに行うと、
↓この図のように、腕が前に出て、股関節が縮んでいて、膝が曲がって立っているのに、真っ直ぐだと思い込んでいる場合があります。

反る‐全体を曲げて「真っ直ぐ立てている」と思い込んでいる可能性があります。

その場合、真っ直ぐじゃない場所を真っ直ぐだと思い込んで生活しています。

身体が痛みを感じる前に…

身体が「痛いという信号」が出ていなくても、

  • 疲労がたまっていたり
  • 運動不足が蓄積したり

していると、身体はこういう(真っ直ぐ伸びていない)状態になっています。

来院頻度を尋ねられることがありますが、このような状態になってきたら、早めのケアがお勧めです。

壁に沿って真っ直ぐ立つことが出来るか出来ないかは、痛みがないけど、身体が大丈夫かな?という指標にできます。

そして、

身体は常に前に丸まる動作を繰り返す

丸まった姿勢を維持する

といったことが、多いです。

たまには
身体を反る。

身体をそってみてください。
肩も、腰も、股関節も、反る動きが少ないです。

 

合わせて読みたいブログ
➡️ 自分でできる「機能(柔軟性・安定性・バランス)チェック」