実験体感シリーズ・前屈後屈時の左右の違い。だから体操は身体にいい。

ブログ

身体のはたらき(機能)は同じものを持つが、身体を使う時に異なることをするのが「左右」。

当院の初回に渡す資料にも、身体の左右には得意不得意な動きがあり、役割が違う。ということを掲載しています。

それを体感してみましょう。

実験・前屈と後屈をしてみてください。

前屈・後屈の動きの時に…

  • 身体は足のどの部分に体重をかけていますか?

前屈の時は…

多くの方が、左踵(かかと)と右の指の付け根エリアに体重を乗せています。

そして、

後屈の時は

多くの方が、右の踵と、左の指の付け根エリアに体重を乗せています。

多くの方がという言葉を使っているのは、逆の方もいらっしゃるからです。

が、多くは、この通りです。

身体の左右は協力してはたらいています。

やってみると、わかりますよね?

 

左右バランスよく使うべき?

一回目のお辞儀は左踵と右前、二回目のお辞儀は右踵と左前……

そんな風に出来ますか?

全て左右を同じように使うのは難しいですよね?

だから、体操で両方を大きく細かくたくさん動かして、身体をリセットすることがとても身体にとって大切なのです。

身体をリセットする時間を作りましょう。

大切だからやらなきゃ!というよりは、やってみたら気持ちいいからやろう!がベストです。

やらなきゃいけないからやることなんて、楽しくもないし、楽しくなければ継続しないからです。

【余談】

この後屈図うまくないですかぁ~?

初めてかきました。うまい!私!