ハイドロリリース治療法が出て来て…何でそう治療するのか…

ブログ

中斜角筋 (1)

 

どのくらいか前に「ハイドロリリース治療法」について触れたブログをアップしました。

整形外科さんで受けられる治療で、シンプルに言うと、

痛みの原因になっている場所を超音波映像で探して、その場所にうまく生理食塩水注射する。

というものです。

それがなぜ痛みから離れられるのでしょうか。

 

それが、なんで痛いのか?
ということとつながります。

※ここでは、心と身体が関係していて、心を身体が訴えている…以外の部分のしくみとしての話をします。

ハイドロリリース治療法だと、注射自体は針を刺すので苦手な方もいらっしゃると思いますが、痛かったり嫌だったりなのは注射している間だけです。そして、すぐに痛みが軽減したり、一晩で軽減したりします。

これと、同じことを、手でやると、痛みを伴います。
当院で施術を受けたことのある方ならご存知ですよね。

それでも、施術側のメリットもあり、痛みの出ている場所に直接的なことだけではなく、身体をホール(丸ごと一つ)で考えた施術をするという点です。

ハイドロリリース治療法(整形外科さんで受けられる)

メリット

  • 治療時間が1分以内
  • うまく直接原因の場所に届くとすぐに楽になる

デメリット

注射が苦手の人にとっては難しい

直接原因の場所に届かせられないこともある
※↑これに関してはどんどん改善されていくと思います。

整体院で受けられる施術

メリット

  • 身体をホールで考えた施術

デメリット

  • 痛い

 いずれを受けるにしても、患者さんが

  • なぜ痛くて
  • なぜその治療・施術をするのか

ということを、理解して受けなければ、「痛みの製造状況」は変わりません。

今の不調になった時、いつも傍にいるのは自分だし、
これから良い状態を変えていかれるのも自分だけです。

神経質である必要も、勤勉である必要もありませんが、自分の身体に対して積極的な方が良い状態になりやすいです。