隣り合う組織同士がよく滑ることが理想的。組織同士の滑りがないことが不快な症状やつらい症状に。

ブログ身体について

2021年6月投稿、2022年3月rewrite。

隣り合う組織同士がよく滑る必要があるとは?

近年、整形外科さんがハイドロリリースというものを行っています。

隣り合う組織同士(筋肉と筋肉、筋肉と神経等等)の滑りが悪いことが痛みや神経様の症状が生じているという考えを元にした治療です。

滑りが悪い場所の筋膜が癒着しています。

エコー(超音波)下で画像確認しながら、癒着している場所にに生理食塩水を注入するのがハイドロリリースです。

癒着している筋膜にうまく注入することで、癒着を剥がします。

癒着が剥がれると、組織同士の滑りが良くなるので、動きが良くなり痛み等の問題がなくなるのがハイドロリリースです。

脂肪筋膜系(しぼうきんまくけい)

潤滑性脂肪筋膜系。

これは、身体中至るところに存在します。

  • 健康な人は、扁平状です。扁平状で、隣り合った組織同士はするする滑ります。
  • 痛みの多い人のは、ねちゃっとしています。

至る所に存在しているというのは、つまり、組織の周り…

  • 血管
  • 神経
  • 筋肉
  • その他…

…いろんな組織の周りにこの脂肪筋膜系があります。

そして、

  • 身体のこり・はり
  • 冷え性
  • 運動不足

の人たちは、脂肪筋膜系が、体の各組織たちにねちゃっとまとわりついています。(イメージ)

ねちょっべたっとまとわりついていると、血管・神経等の動きが妨げられ、いろんな痛みが起こります。

滑れないから、引っ張ります。

腰痛と脂肪筋膜系

例えば、腰の筋肉と言っても、筋肉は一つ(一束)ではなく、何種類かの筋肉があります。

その各筋肉の周りに脂肪筋膜系があります。

扁平で、理想的な状態だと、互いによく滑り、よくはたらけます。

 

身体をよく使ってあげていると、隣り合った組織同士がよく滑ります。

よく使っている場所は、温まっているので、ねちょっべたっという脂肪ではなく肉汁のように滑りが良く、問題が起こりにくいです。

注射はできないので…

我々は、注射しません。

組織同士が滑らないことが痛みに関係しているということを踏まえ、出来ることでアプローチしていっています。

 

—————————–
肩こり・頭痛・腰痛・疲れに
【横浜市緑区の整体】デイジー整体院
JR横浜線十日市場駅徒歩3分
横浜市緑区十日市場町817-2フォーラム88-301
電話045‐985‐0023
完全予約制

平日9:00~17:00
土日9:00〜17:00
火曜・祝日定休

デイジー整体院ホームページ
https://www.daisy-seitai.com/

完全予約制 1日6名まで
「ブログを見て…」とご連絡ください。

LINE :
友だち追加

ご予約ご質問はメールからも
行えます。(各コース共通)
メールアドレス info@daisy0023.sakura.ne.jp
フォームから https://www.daisy-seitai.com/contact/

メールのチェックは一日に1回~2回です
ので、返信にお時間いただく場合もございます。
お急ぎの方は
045-985-0023 までお電話願います。

**********