最近の当院…ご質問があるので話します。(このページは更新しています。最終更新日2021.09.17)

お知らせブログ

このページは、2021年7月1日に投稿後、更新2021.09.17

  • 何か変更がある度に更新
  • 何もなくても確認しています。

(更新・確認した日付は更新日として綴ります。)

また、世の中の状況が変わっているので改めてお知らせブログページ作りました。

他は大きく変更していませんが、どんななのか?を提示しておくことは必要かと思い、記しています。

こういうのは常識と、思い込まずに、こちらをよくお読みになってからのご来院をお願いいたします。

OPEN時間CLOSE時間・定休日

  • 平日9:00~17:00(17:00close)
  • 土日9:00~17:00(17:00close)
  • 火曜・祝日

【ご予約について】

今までもですが、ご予約は必須です。

必ずご予約されてからの、ご来院をお願いいたします。

特に、ご新規の方は、

  • ご新規の方がながれに慣れていらっしゃらない
  • 私もご新規の方のようすがわかっていない
  • ご新規の方には身体の説明をしてから施術をする

という要素があるので、必ずご予約の上ご来院願います。

新しい方は、時間が必要で、隙間に入れにくいことがほとんどです。

また、私の方では新規の方への説明は特に重要なものだと考えておりますので、短縮したいという意向はありません。

ですが、院滞在時間を短縮したい方については、
https://www.daisy-seitai.com/2020/04/15/11208/
の内容をよくお読みの上、最初に渡す資料もお読みなっておみえいただくことで、時間短縮いたします。ご予約時にお教えください。

close時間

close時間はみなさんに守っていただいています。

私が残業すればいいみたいな犠牲的な考えで行っていません。

痛そうにみえた方をお断りするのは、こちらも本当に申し訳ない気持ちになりますが、終了時間に突然おみえになってもご利用はお断り致しております。

 

消毒について

消毒液を

  • 玄関
  • 更衣室

の、二箇所に置いております。

玄関には、アルコールスタンド(足で踏む)タイプと、そのままタイプを置いています。

口頭で消毒の利用をお願いしておりません。

口頭で消毒を促さない理由

世の中の、このながれで、入室退室時に消毒をしない方は、健康上の理由があると捉えています。

他所で、促されることがストレスになっている方に、さらに申し上げたくないから促していません。

 

マスクについて

マスクは足りているか?

2020年12月中旬から、以前使用していたディスポーサブルマスクが再販になったので、現在そちらを利用しております。

☆マスクに対する考え。

マスクについて、マスクの機能を空気感染予防とは考えていません。

飛沫感染についてはあるとのことなので、それを避けるためにしています。

この状況になる前から、マスクはしていました。

 

回数券の有効期限について

2020年から、回数券の有効期限は3ヶ月にしています。これはこの状況と関係なく熟考の上2019年10月には決定し告知し2020年1月からそのようにしております。。

集中治療期の方だけの利用という、明確な目的のもとにのみ発行することに致しました。

緊急事態宣言になったら、

  • 回数券有効期限は現在の有効期限から6か月延長します。

これは、回数券の期限があるからという理由による無理な来院を避けるためです。

集中的に通院する目的のない回数券のご購入はお控え願います。

院内茶

紙コップを利用致します。また、外で物を口にしたくない方は無理に召し上がらなくて構いません。

ペットボトル(195ml)のお茶も用意しました。紙コップのお茶ではなく、ペットボトルの方がよいという方は、おっしゃってください。

※常温と冷温タイプのみ

その他、今までと変わらないのですが…

院内

換気:朝とお昼に換気をしています。

アロマオイル:TeaTree(ティートゥリー)・Eucalyptus Blue Gum(ユーカリプタスブルーガム)に併せて、MayChan (メイチャン)、OrangeBitter(オレンジビター)をアロマオイルランプで香らせています。

ティートゥリーは抗ウィルスのオイル(精油)と言われています。

今回のウィルス含めたすべてに万能とは思っていませんが(それならとっくに世の中でみんなに使われている)、ティートゥリーとユーカリプタスは鼻が通るので、

口呼吸を避けられます。

それ自体を良いと思って積極的に使っています。

➡院内でブレンドアロマオイルを販売しております。

 

施術者(私)

  • 利用者さんお一人お一人の施術が終わる毎に手を洗っています。
  • 施術料金受取後も手を洗っています。

あまり気になさらない方もいるようですが、以前は、「俺がさも汚いもののように手を洗いすぎていませんか?」と尋ねられたくらい洗っています。

予約枠

一つの枠に、お一人です。

【緊急事態宣言についての考え】

…2020年5月にいただいた回答で考えています。

お尋ねの整体院・カイロプラクティック業等につきましては、リハビリ等主として利用者が身体機能の維持を目的として利用する施設に該当しない場合は、休業要請の対象であり、協力金の対象となりますが、遅くとも4月24日には休業を開始し、5月6日まで休業を継続していただく必要があります。

ご利用の方が身体機能の維持を目的

に、該当すると考えることにします。そこに国家資格の要・不要がなかったので…。

問題があれば、指示も出ると思うので、今の状態を継続します。

 

【どのようにしているかを掲載した理由】

…今までと変わらないから、特にお知らせする必要もないように思いましたが…

自分が別件で購入者側になった時に、店員さんに質問をしたら、嫌な顔をされました。

答えるのが面倒なら紙に書いて貼っておけばいいのに…。と思いました。(2020年の話)

そしたらこちらもわざわざ尋ねなくてもいいのにって…。

まあ、いろいろ尋ねられて疲弊しているのかもしれないのですが、こちらは紳士的に尋ねただけなのに、嫌だな…と思いました。

 

私は、こういう仕事ですから、みなさん心配でいろんなことお尋ねになることを存じていますので、誠実な対応を心掛けております。

が、

そもそもご質問にならずに済むようにしておくことも大切だなと思いました。

世の中の流れにそって、何か問題があればココに変更内容を修正していきます。

修正日は冒頭の行に記して行きます。

ご確認ください。

気になっていること

項目「その他今までと変わらないのですが…」に記しておりますが、今までと変わらないことがほとんどです。

ご利用になる方々が、他のご利用者さんにも優しい治療院でありたいです。

今までも玄関に消毒液は置いておりました。

最近になって注目され、多くのご来院の方々が入室・退室時にご利用です。

当院をご利用になるような方々には、肌が弱い方もいらっしゃるので、必須的なことは申し上げておりません。

しかし、鼻をかむ等なさったら、そういう方々にはご利用いただきたいと考えております。

そのようすがみられない時には、尋ねることもできませんから、院内のタオル等を総取り替えしております。

以前とあまり変わらないのは、病気は新型コロナウィルスだけではないからです。

こちらからは、お考えいただきたい利用者さんもいます。
病気は新型コロナウィルスだけではありません。
インフルエンザの方も、風邪の方も、来院には慎重になられてください。

 

余談

免疫については、既にブログに多数あるので、このために改めてアップはしていません。

基礎的な内容です。

その基礎を分かっていると、情報に右往左往しないで済むというような内容をいつも心掛けてきました。

今だけ大事な話でもないので、ご興味ある方は遡ってみてください。

情報源は、消化器系専門医の、免疫治療に携わっているお医者様の講義です。

みなさんのお陰で受講に通うことが出来ました。

だから、そこで学んだことをブログにしていました。

 

ワクチン接種について

私は、現時点で新型コロナウィルスワクチンを接種する予定でいません。

義務が生じたら接種します。

ワクチン接種をしない理由を以下に述べます。

いわゆる陰謀説とかそんなんじゃなくて、個人的な理由です。

だから、何がなんでも接種しないと決めているわけではありません。

私が、現時点でワクチン接種を考えていない理由

一桁歳代から10代にかけて、薬を漫然と使ったことで、薬から離脱することにとても苦労しました。

当時はその薬を使うことは普通だったし、漫然と使うことも黙認されていました。

薬がどういった目的で使われるかの説明がなかったからです。

現代と違って、それが普通で、身体の問題があればお医者さんに相談して出された薬を飲めばいいという状態でした。

今なら、

  1. 身体にどういうことが起こっていて、こういう状態になっている。
  2. 今は症状がきついから薬を使う。
  3. でも、根本的には身体に起きていることに向き合う。

というながれで治療すると思います。

でも、当時は違いました。

薬から離脱はできました。

健康状態も良好です。

でも、薬を使った身体は、本当の意味では元に戻りません。

だから、「薬を使う」ということに、とても慎重になりました。

緊急度と重症度によると考えているので、何がなんでも薬を使わないというように意固地になっているわけではありません。

慎重なだけです。

免疫というものへの考え

免疫医学研究会というもので学んでいた時期があります。

そこで学んだのは、身体全体から離れて「免疫」が存在するのではなく、身体全体を考えての「健康であること」でした。

(詳細は、今までもブログにしてきたので省きます。)

身体への考え

そして、自分の仕事の経験とそこで学んだことから考えるのは、人の体は十人十色。

例えば、同じアトピー性皮膚炎でも、個性がある。

アトピー性皮膚炎に◯◯がいいと言っても、ある人には有効だったり、ある人には無効だったり、ある人には逆に悪化だったり、いろいろありますよね。

  • その無効も、継続で変化する場合もあるし、
  • 逆に悪化だと思っていたけど、それは身体の状態が変化していて、その変化が良い場合もあるし、

十人十色というより千差万別みたいな感じと思っています。

そんな中で、私の身体について考えた時に…

ここからは、非科学的な内容も含む考えの話です。

私の身体について考えていること

人がならなくてもどうでもいいような、そんなのみんながなるわけじゃないような、そんなことで重症なことはあるけど、

多くの人がなるような病気にほとんど罹っていない私の身体。

なぜか風疹だけは学校で流行した時に罹れました。

その他、はしか(これは予防接種受けています)、水痘(水疱瘡)、耳下腺炎(おたふく)に罹っていません。

インフルエンザも小学生の頃は学校で予防接種受けましたけど、それ以降受けるでもなく、インフルエンザもなっていません。

身体を詳しく調べたら、移っていて軽く済んでいるのかな?

とにかく、この身体に何か加えて、せっかくの構造を変えたくないな。と思っています。

身体の面で苦労したから、他のは免除になっているのかなとも考えています。(これは非科学的な話ですが)

世の中のながれに合わせる

世の中のながれ的に、ワクチン接種しないものは、自宅周辺から出てはいけないとか、公共交通機関使っちゃいけないとか、そうなったら受ける可能性あります。

でも、今は考えていません。

今この考えを話した理由

新型コロナウィルスのワクチンを接種しない人に触られたくないとか、そういう考えの方が、接種することを常識と考えていて、人と接する仕事をしている人は受けていて普通でしょってならないためです。

接種することが当たり前と考えている人の考えは尊重します。

口頭で尋ねていただいても構いませんが、わざわざ尋ねなくてもいいように、記しました。

私が、接種する方々を尊重するように、当院をご利用になる方々も私の身体を尊重していただけましたら、幸いです。

 

 

2020年4月8日に投稿したもの➡️https://www.daisy-seitai.com/2020/04/08/11147/