自律神経と体温

ブログ

自律神経とは、

自律神経には

  • 交感神経
  • 副交感神経

がある。ふたつを併せて自律神経という。

ふたつ併せた名称があるのは、異なる働きだけど、関係してはたらくからです。

 

どちらかが良いとか悪いではなく、

  • 必要な時に必要な方が優位にはたらき
  • 不必要な時には強くはたらき過ぎない

というバランスではたらけることがベストです。

自律神経のはたらきによる血管

交感神経優位な状態では、

血液が速く流れることが目的なのでキュッと縮んでジャーッッといきます。

過度になると→血管しまったままで血液の行き渡らない場所が出来てしまう。

副交感神経が優位な状態では、

全体に広く行き渡ることが目的なので、血管が拡張します。

過度になると→抹消に血液が溜まったまま循環しにくい状態になり、浮腫(むくみ)をつくることがあります。

体温って

温かい血液が全身を巡って調整されています。

だから、体温を保つには、交感神経と副交感神経が適当に…自律神経が適当にはたらくことが必要です。

 

自律神経関係の過去ブログ

自律神経失調症の方のご感想
https://www.daisy-seitai.com/2017/11/15/7256/

自律神経とカイロプラクティック
https://www.daisy-seitai.com/2020/01/15/9431/

ため息はついていい
https://www.daisy-seitai.com/2018/02/24/7524/