カイロプラクティックとアレルギー(花粉症含)の話。

ブログ

カイロプラクティックとアレルギー(花粉症含)

カイロプラクティックのメリックチャートという表によると

  • C2(頸椎二番)
  • T9(胸椎九番)

が、アレルギー症状と関連している椎骨です。

でも、
アレルギーが出る原因は一つではありません。

↑アレルゲンが一つではないということではありません。

アレルギーって何でしょうか?

難しい定義もあると思いますが、ここでは、

「身体が過剰に反応する」
です。

では、

なんで身体が過剰に反応するの?

免疫という言葉はご存知ですよね?

免疫とは、

  • それが「自分」か「自分じゃない物か」を見分ける機能
  • 排除するか受け入れるかを決める

ものです。

  • 自分(仲間…身体に入っていい物)なら受け入れて、
  • 自分じゃない物(身体に入らない方がいい物)を排除する

はたらきです。

物質Aが身体に入ろうとした時に

  • 「A」を受け入れていいと決めたら受け入れ、
  • 「A」は排除しなきゃならない物だとわかったら排除します。

排除しなきゃならないものの場合

「出す」機能がはたらきます。
出す系には、

  • 即出すには→咳、くしゃみ、鼻水、嘔吐…など
  • 入っちゃったものは→湿疹、下痢…など

があります。

この「出す」系がはたらき過ぎ…過剰反応したのがアレルギーです。

↑このはたらきの調整がうまくいかないから、過剰にはたらきます。

その調整をつかさどっているのが、

C2、T9(※厳密にはこれだけではない)なので、
そこの動きを良くする
神経が阻害されずにはたらけるようにする

のがカイロプラクティックです。

では、

花粉症はC2、T9がうごくようにすれば全て解決か?

というと、
これだけが原因ではないのですべて解決ではありません。

※このエリアがよく動くようになると、一旦鼻づまりが強まったり、スッと楽になったり、という反応はあります。

免疫系の調整が適当にはたらくには

  • 食事
  • 睡眠
  • 運動

がバランスよく生活の中にあるか?
ということも必要です。

食事

カイロプラクティックを受けると、身体がポカポカしてきたり、身体がうごきやすくなってきます。
血流が良くなるわけですが、
その流れる血液自体の健康は、大きく食事と関わっています。

睡眠

身体がしっかり休まって、成長ホルモン(身体の材料がつくられるためのホルモン)の働きも必要です。
リラックスして身体の毛細血管のはたらきが充分だといいです。

運動

少し良くなってもその身体を維持する「力」が必要です。

ここまで、興味をもって読んでくださってありがとうございます。

これ、たまに会った親戚や友達に話されたらめんどくさいですよね?
でも、これでもまだ話が枝に広がるくらい話を続けられます。

これじゃまだ、ストレスの話に及んでいません。
身体は、機能や構造で出来ているのではなく、思考(心と脳)で出来ています。

そこまで及ぶ話は、次回以降いたします。