痛みと不具合…整体院でできること、本人にしかできないこと。

ブログ身体について

痛みと不具合

痛みは酸素不足(血流が悪い)から来ているという話をこれまでもいくつかしてきました。
➡️
カイロプラクティック療法と根拠・005
【痛みと真皮(皮膚)】痛いとはどういうことか
「お風呂で血行が良くなる」って、身体治っているの?

身体に酸素が行き渡るには、「動く」ことが大切だという話もブログやお会いして話をしています。

では、

「動く」に必要なことってなんでしょうか?

「脚を上げる」という動作を例に話しますと…

  • 心…動かしたいと思うこと。
  • 脳・神経…脚を上げるために必要な動きをする場所に命令・情報の獲得をすること。
  • 力…脚を持ち上げる力と、脚が持ち上がるのを支える力。
  • 柔軟性…力がはたらける(筋肉が縮む)ように反対側は伸びる。関節が動ける。

が必要です。

このどれもが必要です。

このうち、

我々が関係できるのは、

緑の◯で囲った部分です。

【脳・神経】

背骨の中を通る神経が、背骨の関節の動きが悪いことで絞扼(締め付けられている)されていると、神経のはたらきが悪いです。

その関節の動きを良くすることで神経のはたらきがよくなります。

【力】

神経伝達の悪い状態があると、筋肉があってもよくはたらけていません。

急に筋肉をつけることはできませんが、よくはたらけるような環境づくりをします。

【柔軟性】

柔軟性もある意味力です。力がないことで、硬くなっていることがあります。伸縮の悪い筋肉に命令を出している神経の環境が変わると、柔軟性に関係します。

よく動けていないことが積み重なっている筋肉・関節は動きが悪いです。本来動けているように動かしていきます。

しかし、いちばん大事なのは本人の担当部分です。

どうしたいと思うのかがいちばん大事

【力】

自分がしたい行動の少し上の力が必要です。

【柔軟性】

関節は自力で難しい部分はありますが、筋肉の柔軟性は、自分次第です。

【心】

いちばん大事なのは、動かしたいと思う気持ちです。

そして、この図だと、「動かしたい」になっていますが、そのもっと先の気持ちの方が大きいです。

例えば…「ボールを蹴りたい」…ボールを蹴りたいなら、脚を上げるのは当然です。もっと先の気持ちがあった方が身体ははたらきやすいです。

石を缶に当てる…という目的があったら、石を探す・石を持つ・腕を上げる…等の行動は含めていますよね?それだと途中に含まれている行動は力まず自然に超えられます。

当院で利用している お申込書の項目⑦と⑩が大切な理由。につながることです。